• トップ
  • リリース
  • 手が不自由でも、おしゃれな道具を使いたい! 障害者の夢に応えるスプーン&フォーク「オプナ」

プレスリリース

有限会社ディーエムシー

手が不自由でも、おしゃれな道具を使いたい! 障害者の夢に応えるスプーン&フォーク「オプナ」

(DreamNews) 2016年11月24日(木)13時00分配信 DreamNews

手が不自由でおしゃれなものが好きな方向けのおしゃれな自助具セット(福祉用のスプーンとフォーク)「opuna spoon & folk(オプナ スプーン・フォーク)」を発売。¥3,500-(税抜)。福祉機器は選択肢が少ない。デザインが良くない製品多く「自分の好みにあう、気に入るものがない」という状況が慢性化、ライフスタイルを楽しみにくくなっている。「福祉用だから仕方がない」と諦めさせないために開発。

 平成28年11月22日より、 有限会社ディーエムシー(神奈川県横浜市)が、手が不自由でおしゃれなものが好きな方向けの、SORD - 希少難病患者支援事務局(京都府京都市)の中岡亜希副代表理事(監修時)がデザイン監修した、おしゃれな自助具セット(福祉用のスプーンとフォーク)「opuna spoon & folk(オプナ スプーン・フォーク)」を発売いたします。販売価格はスプーンとフォークの二本セットで¥3,500-(税抜)です。

 病気や怪我で腕に問題を持たれる方は全国で44万4千人(H18年厚生省)、2025年には65歳以上が全人口の1/3を越える(3,685万人・H23年総務省)と予想されています。
福祉機器は選択肢が少なく、またデザインに配慮されていない製品も多いため、「自分の好みにあう、気に入るものがない」という状況が慢性化しており、ライフスタイルを楽しみにくくなっています。
 有限会社ディーエムシー代表の河野は「福祉用だから仕方がない」というモノで生活をするつまらなさ、特に毎日の楽しみであるはずの食事の味気なさは「治療・介助用具ではあっても日用品になっていないから」と気付き、中岡さんの監修のもと、「食事が楽しくなるデザインのスプーンとフォーク」を完成させました。
 チバプラス(東京都墨田区)が生産を担当し、市場にきめ細かく対応する体制を整え、高品質かつ適価での提供が可能となりました。
 健康な人もそうでない人も、毎日の生活を楽しめるデザインを提供し、皆が同じ場所で同じ時間を過ごせる喜びを増やして行きたいと思います。

ホームページ:http://www.opuna.jp/
有限会社ディーエムシー 代表取締役 河野史明
 神奈川県横浜市中区万代町2-4-1東カン横浜パークサイド707号 045(243)5721


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る