• トップ
  • リリース
  • 株式会社アドライト、オープンイノベーションという手法により、IoTの未来を考えるイベント「日本流オープンイノベーションとIoTの未来」を2016年12月7日開催

プレスリリース

株式会社アドライト

株式会社アドライト、オープンイノベーションという手法により、IoTの未来を考えるイベント「日本流オープンイノベーションとIoTの未来」を2016年12月7日開催

(DreamNews) 2016年11月21日(月)13時00分配信 DreamNews

株式会社アドライト(本社:東京都港区 代表取締役 : 木村 忠昭)は、オープンイノベーションという手法により、IoTの未来を考えるイベント「日本流オープンイノベーションとIoTの未来(Mirai Salon #2)」を三菱地所株式会社との共催により、EGG JAPAN(新丸の内ビルディング)にて、2016年12月7日(水)に開催します。

株式会社アドライト(本社:東京都港区 代表取締役 : 木村 忠昭)は、オープンイノベーションという手法により、IoTの未来を考えるイベント「日本流オープンイノベーションとIoTの未来(Mirai Salon #2)」を、三菱地所株式会社との共催により、EGG JAPAN(新丸の内ビルディング)にて、2016年12月7日(水)に開催します。


◆直近のオープンイノベーション、IoTの動向
モノのインターネットと呼ばれるIoT(Internet of Things)の浸透により、あらゆるものがインターネットで繋がり、多様な連携や相互作用が生まれています。IoTが波及する産業や事業は多種多様となり、様々なモノやサービスが繋がっていく世界観の中では、社内と社外のリソースを組み合わせてイノベーションを創造してゆく「オープンイノベーション」による掛け算での事業創造が盛んになってきています。

◆本イベントの意義
今回のイベントでは、IoTに関するケーススタディを中心に、早稲田大学の樋原先生によるオープンイノベーションの必要性についての講義、関連するテクノロジー系ベンチャー企業と大企業のそれぞれの関係者よりオープンイノベーションによる協業事例紹介、アドライト社によるオープンイノベーションのコンサル支援事例紹介、参加者の皆さまを巻き込んだパネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容になっております。このイベントを通じて、新規事業開発に関わる企業や自治体の皆様が、日本流オープンイノベーションの成功のポイントや実際の最新事例について理解を深めるきっかけになれば幸いです。

◆運営情報
主 催: 株式会社アドライト
株式会社アドライト(addlight Inc.)は、イノベーション創造のための国内大企業に対するコンサルティング(事業開発、業務改善、システム導入支援など)及び国内外ベンチャー企業に対するインキュベーション(経営アドバイス、ファイナンス支援、上場支援など)を提供しております。
公式Facebook : https://www.facebook.com/addlightInc/

共催・協力: EGG JAPAN(三菱地所株式会社)
東京・丸の内が日本だけでなく世界から選ばれる魅力的なビジネスセンターであり続けるために、日本未進出の海外企業や世界展開をめざす日本の中小ベンチャー企業に対してビジネス開発支援・誘致を行う。その一環として、オフィススペースの運営と会員組織「東京21cクラブ」のネットワーキングを行う。

◆セミナー概要
日 付: 2016年12月7日(水) 16時30分〜19時30分 (16:00受付開始)
場 所: EGG JAPAN(新丸の内ビルディング10階)

内 容:三菱地所による取り組みや施設の紹介、オープンイノベーションの必要性、注目のベンチャー企業による大企業とのオープンイノベーション事例発表、オープンイノベーションを積極的に行う大企業によるオープンイノベーション事例発表、コンサル会社を活用したオープンイノベーション事例発表、参加者からの質問を交えた登壇者全員によるパネルディスカッション、ネットワーキング

対 象:大企業・中小企業において経営企画・新規事業・研究開発に携わる方、官公庁・地方自治体においてオープンイノベーションの検討や判断に携わる方(コンサルティング会社等、同業者のご参加はご遠慮願います)

◆イベント詳細について
詳細はこちら→http://miraisalon02.peatix.com/

参加費: 3,000円(先着30名)
※当日は受付にて名刺2枚をご提示ください。
※お支払いされました参加費は、欠席またはキャンセルされた場合にも返金できませんのでご了承ください。また、事前申し込みのない方の参加はお断りしております。領収書はPeatix上においてご自身で入手可能ですが、個別の対応が必要な場合にはお申し出くださいませ。
※メディア取材などご希望の方は個別にご対応させて頂きますので、事前にご一報ください。招待コードをお渡しします。

◆登壇者・登壇内容:
<登壇者>
株式会社リコー 新規事業開発本部 オープンイノベーション推進室 副事業プロデューサー 澤田 智裕
個人プロフィール: リコーにて製品を3ヶ月でリリースし社内表彰受賞、その後新規事業に異動後リーンスタートアップを実践。新規事業開発の傍らベンチャー企業11社のEvangelistを行うイントレプレナー。オープンイノベーション推進室では、外部パートナーと共に、新規事業開発本部内の既存プロジェクトの加速に取り組んでいる。

株式会社アドライト 代表取締役 木村 忠昭
個人プロフィール: 大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務・法定監査業務などに従事。2008年、株式会社アドライトを創業。大企業向けに経営企画・経営管理・事業開発などの分野におけるプロジェクトベースのコンサルティングサービスを展開。合わせて、国内外のベンチャー企業における、ハンズオン支援・上場支援を行う。

<登壇ベンチャー企業>
GROUND株式会社 代表取締役社長 宮田 啓友 〜自動搬送ロボットによる物流革命〜
企業プロフィール: 物流現場における入荷から出荷に至るオペレーションの生産性向上を図るソリューションとして、Digital Inbound Square(DIS:クラウド型入荷管理ソフトウェア・コラボレーションウェア)ならびにButler(バトラー:自動搬送ロボットシステム)を提供する。

株式会社スカイディスク 代表取締役CEO 橋本 司 〜AIを活用したIoTサービスの未来〜
企業プロフィール: 「IoTが産まれやすい環境を作り生活を豊かにする」をミッションに、IoTプラットフォーム事業を展開。センサデバイス、通信モジュールの開発、AIクラウド構築までIoTに必要な要素をワンストップで提供。農業、設備保全、物流など、幅広い分野でのIoTサービスを展開中。LoRa AllianceTMメンバー。

セーフィー株式会社 代表取締役社長 佐渡島 隆平 〜Safieが切り開くIoT映像活用の未来〜
企業プロフィール: スマートフォンとカメラで誰もが手軽に自宅や店舗などライブ映像や録画で確認することができるクラウド型のビデオプラットフォーム『Safie』の運営。及びハードウェアメーカへのソリューション提供を行う。

<モデレーター>
早稲田大学 大学院経営管理研究科 准教授 樋原 伸彦
個人プロフィール: 東京大学教養学部卒業、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。世界銀行コンサルタント、通商産業省通商産業研究所(現・経済産業省経済産業研究所)客員研究員、米コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手、カナダ・サスカチュワン大学ビジネススクール助教授を経て2006年立命館大学経営学部准教授。2011年から現職。早稲田大学イノベーション・ファイナンス国際研究所所長。

◆Mirai Salonについて
Mirai Salonとは、株式会社アドライトが主催する、オープンイノベーションに関する国の最新政策や大企業とベンチャー企業との協業事例などを学ぶことを目的とした、大企業の新規事業責任者に向けた勉強会シリーズです。

◆会社概要
【会社名】 株式会社アドライト
【所在地】 東京都港区南青山1丁目1番1号 新青山ビル東館15階
【設 立】 2008年1月
【代表者】 代表取締役 木村 忠昭
【事業内容】
(1)大企業様向けコンサルティングサービス(Consulting for Enterprises)
(2)ベンチャー企業様向けインキュベーションサービス(Incubation for Startups)
公式HP:http://www.addlight.co.jp/
公式Facebook : https://www.facebook.com/addlightInc/

◆メディア関係者の皆様へ
株式会社アドライトでは、当日のイベント内容に関する取材や事前・事後の取材について個別対応させていただいております。
また、オープンイノベーション全般や、国内/海外スタートアップに関する各種情報提供や企画等の協力もさせていただいております。
ご関心のある方は下記、問い合わせ先までご連絡ください。

<本プレスリリースに関するお問い合わせ>
株式会社アドライト
広報担当者宛
TEL : 03-3572-5833
MAIL: info@addlight.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る