• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、食系企業の乳酸菌事業戦略について調査結果を発表

プレスリリース

株式会社総合企画センター大阪

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、食系企業の乳酸菌事業戦略について調査結果を発表

(DreamNews) 2016年11月14日(月)18時00分配信 DreamNews

2015年度の乳酸菌応用製品の市場規模は、前年比6.9%増の6,314億円となった。各メーカーは、実験データを配信するなどの方法で乳酸菌の価値訴求を強め、乳酸菌応用製品の差別化を図っている。当資料は、乳業・飲料メーカー計12社における基礎・開発研究や応用製品展開動向を調査。また、個表対象外となった企業の乳酸菌配合商品等もまとめており、今後の乳酸菌の研究開発や事業推進に役立つデータとしている。

概要
◆2015年度の発酵乳や飲料、健康食品などの乳酸菌応用製品の市場規模は、前年比6.9%増の6,314億円と伸長した。分野別で見ると、発酵乳が前年比8.7%増の4,503億円、飲料が前年比2.2%増の1,668億円、健康食品が前年比9.6%増の143億円となった。近年、同市場は、機能性ヨーグルトや腸内フローラなど、乳酸菌の機能性に関する話題が注目を浴びていることから、2016年度も引き続き市場拡大が続く見通しである。

◆こうした市場拡大の中、各メーカーは乳酸菌の機能訴求を一段と強めている。その中で、最近では、各社とも乳酸菌そのものの機能性を示した実験データをエビデンスとして広く発信する動きが活発化。菌自体の価値訴求を強めることにより、乳酸菌応用製品の差別化を図ろうとしている。また、この動きは、メーカーだけではなく乳酸菌の原料を扱うサプライヤーにも広がっており、幅広いメーカーが自社で保有する乳酸菌の拡散に努めている。

◆当資料では、乳業メーカー6社と飲料メーカー6社の計12社の乳酸菌事業における基礎・開発研究から応用製品展開動向の他、個表対象外となったメーカーやサプライヤーの乳酸菌に関する研究開発動向や乳酸菌配合商品についてもレポート。今後の乳酸菌の研究開発や事業推進の一助となる資料となっている。



TPC市場調査レポート
「2017年 食系企業の乳酸菌事業戦略調査」
―菌自体の価値訴求を強める動きが活発化―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120170322
資料体裁:A4判 127頁
発 刊 日:2016年11月14日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
■プライバシーマーク認定番号  第20001810 号
■ISO27001認証書番号  IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る