• トップ
  • リリース
  • 『中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足音』(河村小百合・著/集英社新書)が11月17日(木)に発売!

プレスリリース

株式会社 集英社

『中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足音』(河村小百合・著/集英社新書)が11月17日(木)に発売!

(DreamNews) 2016年11月15日(火)14時00分配信 DreamNews

1200兆円を超え、なお増える巨大債務を抱えながら、「デフレ脱却」を至上命題として「超異次元緩和」と「事実上の財政ファイナンス」に邁進する安倍政権と黒田日銀。しかし、「2%のインフレ目標」を達成できぬまま巨額の資本だけが金融市場に溢れ、「出口」の見えない展開に突入している。このままでは近い将来、日銀の政策運営がコントロール不能に陥るだろう。その時、我々を襲う悲劇的な結末とは!? 恐るべき警告の書。






『中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足音』
著者 河村小百合(かわむら さゆり)

11月17日(木)発売
定価:本体760円+税
ISBN 978-4-08-720858-0 
http://shinsho.shueisha.co.jp/


(目次)
第一章 わが国の政策運営の油断と慢心
第二章 「財政危機」のあり得るシナリオ
第三章 欧米諸国と日本「財政・金融政策」比較
第四章 金融危機後の「金利ゼロ」の世界と「量的緩和」
第五章 中央銀行は持ちこたえられるか
第六章 財政破綻のリアルI――欧州債務危機の経験から
第七章 財政破綻のリアルII――戦後日本の経験から
第八章 蓄積され続けるリスクと遠のく正常化
第九章 なぜ掟破りの政策運営は放置≠ウれてきたか
第一〇章 子どもたちの将来への責任
あとがき 



(著者プロフィール)
河村 小百合(かわむら さゆり)
エコノミスト。株式会社日本総合研究所調査部上席主任研究員。1988年に京都大学法学部を卒業後、日本銀行を経て現職。内閣官房行政改革推進会議民間議員、国税庁国税審議会委員、厚生労働省社会保障審議会員などを歴任。著書に『欧州中央銀行の金融政策』、共著に『「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録』。


【お問い合わせ】 集英社 広報部 03-3230-6314


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る