• トップ
  • リリース
  • 株式会社アクロホールディングスとの業務協力記念≪IT企業経営者のための資本政策・M&Aセミナー≫開催/2016年12月9日(金)に株式会社日本M&Aセンター セミナールームで無料開催!  

プレスリリース

株式会社日本M&Aセンター

株式会社アクロホールディングスとの業務協力記念≪IT企業経営者のための資本政策・M&Aセミナー≫開催/2016年12月9日(金)に株式会社日本M&Aセンター セミナールームで無料開催!  

(DreamNews) 2016年11月11日(金)11時00分配信 DreamNews

中堅・中小企業の“M&A仲介実績No.1”の株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅卓)は、2016年12月9日(金)株式会社日本M&Aセンター セミナールームにて≪IT企業経営者のための資本政策・M&Aセミナー≫を開催します。

ITソフトウェア業界では、技術者不足・多重下請構造の是正・技術革新への対応・後継者不在などを理由に、2015年のM&A成約件数が532件(出典:レコフM&Aデータベース)と全業種中で最も多く、過去最高を記録し「第二次業界再編時代」が到来しています。

技術者不足の深刻化
長引く不景気で手控えられてきた企業のIT投資が活発化、多くのITソフトウェア企業が増収増益となり、その結果引き起こされているのが、技術者不足の問題です。「IT人材白書2016」によると、IT人材の「量」に対する過不足感は、「大幅に不足している」と「やや不足している」と回答した人が約9割を占めるほど、技術者不足問題が深刻化しています。

多重下請構造の是正・技術革新への対応
企業が自社のシステム構築をする場合、元請け企業に発注しますが、元請けは、開発するシステムの規模や技術レベルの違いなどに応じて、下請け企業に再発注しています。元請企業を頂点に、二次請け、三次請けといったピラミッド構造(多重下請け構造)を形成しています。この構造の問題により、契約上立場の弱い下請け企業が利幅を圧縮された結果、生き残りをかけたM&Aを模索する手段としてM&Aを行使しています。また、クラウド化やIoT技術の進歩により、システムは「所有」するものから、「利用」するものへと変わりつつあります。この環境変化を先取りし、いち早くビジネス化を目論む企業は、自社にはない技術や機能を持つ他社と、戦略的M&Aで資本提携する事例が増加しています。

再編動向から資本政策まで踏み込んだIT業界の経営ポイントを解説
当セミナーでは、当社の業界再編部 IT・ソフトウェア業界責任者 瀬谷祐介より「第2次業界再編時代の到来」をテーマにIPOからM&Aに切り替えて見事成功したケースや、業界再編を見越したタイミングで買収・売却したケースなど実例に基づきお話しいたします。また、株式会社アクロホールディングスなんでも相談役石田知義氏(創業者)をお招きして「会社成長のための資本政策」をテーマに、IT企業における資本政策と経営のポイントを解説していただきます。

なお、会場では専門家による無料個別相談も受け付けています。秘密厳守で、あらゆる経営問題のご相談を承ります。また、フリーコール(0120-03-4150)からも随時、無料相談を受け付けています。日本M&Aセンターは、承継方法に迷われている経営者様を全力でサポートいたします。

≪IT企業経営者のための資本政策・M&Aセミナー≫開催概要(詳細)
【名称】IT企業経営者のための資本政策・M&Aセミナー
【主催】株式会社日本M&Aセンター
【プログラム】
テーマ1■第2次業界再編時代の到来
IPOからM&Aに切り替えて見事成功したケースや、業界再編を見越したタイミングで買収・売却したケース、アーリーリタイアで第二の人生を歩んだケースなど具体的な成功事例をご紹介いたします。
講師:日本M&Aセンター 業界再編部 IT・ソフトウェア業界責任者 瀬谷 祐介(せや ゆうすけ)

瀬谷祐介(せやゆうすけ)プロフィール
1984年、北海道生まれ。大手金融機関勤務を経て2012年に日本M&Aセンター入社。 戦略的事業承継・業界再編に取り組み、業界再編部の主要メンバーとして活躍、 M&A成約関与件数は40件以上。IT・ソフトウェア業界担当として北海道から沖縄に至るまで全国の事業承継・業界再編を中心としたM&A支援に取り組んでいる。

テーマ2■会社成長のための資本政策
創業以来数々のM&Aを行い会社成長をさせてきたアクロホールディングス創業者の石田氏が、IT企業における資本政策と経営のポイントを解説します。
講師:株式会社アクロホールディングス なんでも相談役 石田 知義 氏(いしだ ともよし)

石田知義(いしだ ともよし)プロフィール
帝京大学卒業後、富士総合研究所(現在の「みずほ情報総合研究所」)などを経て1996年「ワークス(現在の「アクロネット」)」を設立、代表取締役に就任。数多くの出資・M&Aにより会社を成長させる。2016年なんでも相談役に就任。現在は、IT企業の経営支援や、ビジネスマッチングなど精力的に活動を行う。


【会場・日程】
東京  2016年12月9日(金)日本M&Aセンター東京本社セミナールーム
※開催時間15:00〜17:30(受付開始 14:30〜)
【参加費】無料
【定員】100名
【対象者】IT・ソフトウェア業界の経営者様
【セミナーの詳細・申込・お問い合わせ】
Webから ⇒https://www.nihon-ma.co.jp/seminar/s_software_acro.html
お電話から⇒0120-03-4150(セミナー担当係まで)
=====================================
【株式会社日本M&Aセンター】概要
■社名:株式会社日本M&Aセンター
■設立: 1991年4月
■所在地:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
■電話: 03-5220-5454(代表)
■代表者:代表取締役会長 分林保弘
代表取締役社長 三宅 卓
■事業内容 M&A(企業譲渡・譲受)支援業務
■ホームページ: https://www.nihon-ma.co.jp/
■日本M&Aセンターの特徴:
・中堅・中小企業のM&A成約支援実績は業界No.1の累計3,000件以上。
・東証一部上場、M&A専門コンサルタント200名超。
・企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
・全国の地方銀行9割、信用金庫7割、約660の会計事務所等と提携し、国内最大級の
M&A情報ネットワークを構築。






推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る