• トップ
  • リリース
  • 物流企業が「物流センターをつくる」意義と秘密 −物流広報誌「LOGILINK(ろじりんく)」第6号に大特集、荷主様必見!−

プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

物流企業が「物流センターをつくる」意義と秘密 −物流広報誌「LOGILINK(ろじりんく)」第6号に大特集、荷主様必見!−

(DreamNews) 2016年11月10日(木)16時00分配信 DreamNews

SBSグループにおいて物流事業の中核を担うSBSロジコム株式会社は、SBSロジコムとお客様をつなぐ広報誌「LOGILINK」第6号「物流センターをつくる」を本日発行しましたのでお知らせいたします。

SBSグループにおいて物流事業の中核を担うSBSロジコム株式会社は、SBSロジコムとお客様をつなぐ広報誌「LOGILINK」第6号「物流センターをつくる」を本日発行しましたのでお知らせいたします。

 第6号の特集は、「物流センターをつくる」。 2016年2月、横浜湾岸エリアに完成した「新杉田物流センター支店」を舞台にした大型物流施設の開発事例紹介です。

 誌面では、「これがロジコム品質!SBSの物流センターづくりの秘密」と題して、災害や業務のトラブルをあげ、失敗しない物流センター選びのポイントを解説。さらに、同センター杉山支店長のインタビューでは、過去の震災の教訓を活かしたBCP対策、スタッフを集めやすい環境と設備とは?など、効率や機能面だけでなく、万が一への備えや働く人にもやさしい物流センターを語っています。
 
 別の自社施設、野田吉春物流センターからは、「お客様から見た物流センターの価値」と題してご利用のお客様の生の声を掲載。また、「大規模物流センターだからこそお客様のご要望にきめ細かく対応するべき」と同センター今井支店長が述べています。

 今回も記事に付いたアイコンをスマホやタブレットで撮ると、記事に関連するウェブページがご覧いただけます。物流現場を知り尽くしている物流企業だからこそ実現できる、高付加価値の物流施設開発の全容を是非、ご覧ください。

「LOGILINK」は、企業や団体、官公庁において物流に関わる責任者、担当者様向けに物流のソリューション事例や最新情報をお届けする広報誌です。年4回、A4サイズ・オールカラー・12ページで、役立つ情報を判りやすく発信いたします。

※「LOGILINK」の最新号は、同社の営業担当がお客様に直接お届けいたします。ご希望のお客様は、営業本部(03-3829-2470)へお問い合わせください。 なお、バックナンバーは、同社ウェブサイト(http://www.sbs-logicom.co.jp/lgcm/logilink_intro/)で一部をご覧いただけるほか、ダウンロードのお申込みもできますので、ご利用ください。
以 上

■ご参考
<SBSロジコム株式会社概要>
本社:〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
設立:1940年(昭和15年)
親会社:SBSホールディングス株式会社
資本金:28億46百万円 (2015年12月末現在)
売上高:521億円 (2015年12月末現在)
社員数:1,231名 (2015年12月末現在)
事業所:関東を中心に全国約70拠点を設置
関係会社:SBSフレイトサービス(株)、日本レコードセンター(株)、SBSトランスポート(株)、SBSグローバルネットワーク(株)
事業内容:SBSグループの物流事業のコア会社として、3PL・センター物流・倉庫・流通加工・運輸・通運・国際物流・館内物流・施設移転・オフィス移転などお客様のあらゆる物流ニーズを一貫したサービス体制でサポートしています。
URL:http://www.sbs-logicom.co.jp

■「LOGILINK」の購読に関するお問い合わせ先
SBSロジコム株式会社
営業本部 LOGILINK編集担当宛 TEL:03-3829-2470

■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る