プレスリリース

株式会社TAKESUMI

「竹炭インテリア in Channel 01」開催のお知らせ!

(DreamNews) 2016年11月14日(月)09時30分配信 DreamNews

この度、「竹害」という社会的課題の解決を目指して竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMIは、平成28年12月1日(木)から同年12月31日(土)までの期間に、下北沢のコンセプトストア「Channel 01(チャンネルゼロワン)」で、“和モダン”な竹炭インテリアを楽しめる「竹炭インテリア in Channel 01」を開催いたします。

この度、「竹害」という社会的課題の解決を目指して竹炭インテリア事業を行う株式会社TAKESUMI(本社:東京都新宿区、代表取締役:小松 裕介、宮野 眞紀)は、平成28年12月1日(木)から同年12月31日(土)までの期間に、下北沢のコンセプトストア「Channel 01(チャンネルゼロワン)」で、“和モダン”な竹炭インテリアを楽しめる「竹炭インテリア in Channel 01」を開催いたします。

本イベントは、「新たな時代」をテーマにサステナブルな次世代カルチャー発信基地をめざすコンセプトストア「Channel 01」に、“和モダン”な竹炭インテリアのデザイン性と当該事業を通じて「竹害」の問題解決を目指す社会性にご共感いただいたことから開催することになりました。

本イベント期間中には、竹炭インテリアの「飾り竹炭」シリーズのうち、日本の貴重な竹炭とプリザーブド・グリーンの苔を組み合わせた「苔庭(Sサイズ、Mサイズ)」とアーティフィシャル・グリーンの多肉植物の組み合わせた「縁側(セダムリノ、スモールセダム、ハオルチア)」の合計5アイテムを販売いたします。

また、12月4日(日)には、クリスマスプレゼントにぴったりの“和モダン“な竹炭インテリアを作るワークショップを開催します。本ワークショップでは、竹炭アートクリエーターの南 眞紀が講師を務め、「なぜ今、竹炭なのか?」など竹炭で森を守るトークを交えながら、日本の竹炭を利用し、水引と花材を組み合わせて、竹炭インテリアを作ります。

竹炭は日本の優れた知恵と文化です。生命力の強い竹林は、森林を侵食するため、森林を保護するためには日々成長する竹を伐採する必要があります。その伐採された竹を焼いて竹炭は作られます。竹炭は、土壌改良、水環境や汚染土壌の浄化、住宅の床下湿度調整、消臭や電磁波の吸着などに利用されており、古くから縁起物とされています。

今後も当社では、多くのお客様に、当社商品、竹炭の機能性や竹害という社会的課題の存在を知ってもらえるように様々なイベントを行ってまいります。


本件に関するお問い合わせ
株式会社TAKESUMI  担当 : 小松 info@takesumi.co.jp
受付時間 9時〜17時
TEL : 03-6228-1389 FAX : 03-6745-8977


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る