• トップ
  • リリース
  • 復活ミスコン元年!一橋大学学園祭で4年ぶりミスコン復活を発表!!

プレスリリース

インカレ広告研究会CleliB

復活ミスコン元年!一橋大学学園祭で4年ぶりミスコン復活を発表!!

(DreamNews) 2016年11月08日(火)10時30分配信 DreamNews

インカレ広告研究会CleliB!!は、2016年11月6日に開催された早稲田大学の学園祭「早稲田祭」と一橋大学の学園祭「一橋祭」において「ミス一橋」の復活を告知しました。 「Miss Try Angle」という4大学合同の企画として、昨年までジェンダー論の観点からミスコンが開催されてこなかった早稲田大・法政大・明治大でも順次復活開催をするとのことで、2016年はミスコン復活の1年となりそうです。

首都圏の大学生・専門学校生らで構成する「インカレ広告研究会CleliB!!」は、2016年11月6日に開催された早稲田大学の学園祭「早稲田祭」と、一橋大学の学園祭「一橋祭」において「ミス一橋(正式名称はMiss Campus Hitotsubashi)」の復活を告知しました。
8月にファイナリストが発表された際には「ハイレベルすぎる候補者たち」とネットやSNSを中心に話題となり、キーワード入りも果たした同イベント、決勝に当たるグランドファイナルが12月14日に一橋大学兼松講堂で開催されることが発表されると、大きな歓声が沸きました。
都内屈指の美男美女が集まると言われる一橋大学では、過去「ミスコンの名門」として知られていましたが、2012年開催時に性同一障害を持った候補者のエントリーを認めなかったことから問題となり、以降中止となってしまい、今回4年ぶりに復活した形となりました。
同イベントは「Miss Try Angle」という「4大学合同のミスコン復活イベント」としての位置付けで行われ、2016年から2017年にかけて、早稲田・一橋・法政・明治の4大学を横断的に開催されます。これら4つの大学では昨年までミスコンは開催されてきませんでした。
その4大学では、ジェンダー論の観点から「女性を見せ物とするミスコンテストの開催は認めない」との方針から、これまで学園祭本祭でのイベント開催は認めておらず、今回の順次復活もそれぞれ学園祭の時期をずらして開催されることとなっています。

主催するインカレ広告研究会CleliB!!(くるりぶ)のホームページ上では、12月の「ミス一橋グランドファイナル」に続いて、来年2月に「ミス早稲田グランドファイナル」の実施も告知されています。団体ホームページはhttp://copicomjapan.wixsite.com/clelib/で、特設投票サイトはhttp://clelib-ad.com/です。
ミス早稲田は過去に「女子アナの登竜門」との呼び声も高かったイベントであり、これまでもその復活を望む声も非常に多いながら、大学との関係から学内での復活告知を大々的には行って来れなかったとのことで、復活にあたり今後の詳細の公開が待たれます。
主催するインカレ広告研究会CleliB!!(くるりぶ)の代表・石川勇征(法政大学3年)と川平健登(一橋大学2年)は「女の子の見た目の美しさだけでなく、さまざまな視点(Angle)から社会にアピールできる(Try)ような“活動的な女の子たちの輝く姿を発信していきたい”と考え、本年復活しました。まだ大学内での活動は限られていますが、みなさんに認められてこれから少しずつ活動の場を広げていければと思います。投票をはじめとしたみなさんの応援・声援が私たちの活動の力になります。よろしくお願いします。」と語っています。
本年、慶應義塾大学の不祥事によってミスコンというイベント自体に疑問の声があがり、運営のあり方や主催団体の必要性などの見直しが迫られる中、「ミスコン復活元年」として逆風に立ち向かう形で復活を遂げる「Miss Try Angle」の今後に注目するのも面白いかもしれません。

【広報担当・本件に関する問合せ先】
インカレ広告研究会CleliB!! 広報担当:佐竹 祥史
携帯電話:090-3335-4999
Mail:copicomjapan2@gmail.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る