• トップ
  • リリース
  • CRET/Benesseシンポジウム2016開催のご案内 「これからの日本の教育のあり方〜ポスト2030を見据えて〜」

プレスリリース

特定非営利活動法人教育テスト研究センター

CRET/Benesseシンポジウム2016開催のご案内 「これからの日本の教育のあり方〜ポスト2030を見据えて〜」

(DreamNews) 2016年11月07日(月)14時00分配信 DreamNews

特定非営利活動法人教育テスト研究センター(CRET)と株式会社ベネッセホールティングスは、2016年12月15日(木)東京大学・福武ホールにて、国際シンポジウムを開催いたします。PISA2015の結果やPISA2018、新学習指導要領の方向などを踏まえ、その先の社会を生きるために必要な日本の教育のあり方と、それに向けて今何が必要かを考えます。

特定非営利活動法人教育テスト研究センター(CRET)と株式会社ベネッセホールティングスは、これからの社会に必要な能力や資質をどのように育成し、評価するかというテーマを研究しています。

今回のシンポジウムでは、PISA2015の結果やPISA2018、新学習指導要領の方向などを踏まえ、その先の社会を生きるために必要な日本の教育のあり方と、それに向けて今何が必要かを考えます。


開催概要
日時:2016年12月15日(木)13:00〜16:00
   (開場12:30より)
会場:東京大学 情報学環・福武ホール 
   福武ラーニングシアター(B2)
主催:特定非営利活動法人教育テスト研究センター
   株式会社ベネッセホールディングス

※日英同時通訳あり
※事前申込制 
 お申し込みはこちらから http://www.cret.or.jp/event/

13:00〜
◆報告
 林 寛平(信州大学 助教)
 「PISA2015の結果と考察」
◆基調講演
 Joachim Funke(ハイデルベルク大学 教授)
 "Beyond PISA: Assessment of competencies needed for the future"
 「これからの社会に必要な能力の測定について」

14:30〜
◆パネルディスカッション
パネリスト:
 岸 学(東京学芸大学 名誉教授)
 白水 始(東京大学 教授)
 Joachim Funke(ハイデルベルク大学 教授)
 Jean-Paul Reeff(DIPF)
 Patrick Newell(TEDxTOKYO共同創立者、東京インターナショナルスクール共同創立者)
 林 寛平(信州大学 助教)
ファシリテーター:
 新井 健一(特定非営利活動法人教育テスト研究センター 理事長)

◆参加無料
定員150名
主な対象者:教育研究者、教育行政関係者、その他教育関係者など

※事前申込制 参加ご希望の方は、CRETサイトよりお申し込みください。http://www.cret.or.jp/event/
※お席には限りがあります。定員を上回るお申し込みをいただいた場合、ご参加をお断りする場合がございます。どうぞご了承ください。

<本シンポジウムに関するお問い合わせ先>
特定非営利活動法人教育テスト研究センター
〒163-0413 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング13F
TEL: 03-5320-1297 FAX: 03-5320-1923
https://www.cret.or.jp/inquiry/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る