• トップ
  • リリース
  • デジタコ機種統一と全車導入を完了しました −新型デジタコの活用と安全教育の充実で事故防止に努めます−

プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

デジタコ機種統一と全車導入を完了しました −新型デジタコの活用と安全教育の充実で事故防止に努めます−

(DreamNews) 2016年11月04日(金)11時00分配信 DreamNews

SBSグループにおいて広域物流を手がけるSBSフレイトサービス株式会社(社長:鳥海昭夫、本社:横浜市磯子区)は、デジタルタコグラフ(以下、デジタコ)の機種統一を進めてまいりましたが、10月末で全車導入が完了しましたのでお知らせいたします。

SBSグループにおいて広域物流を手がけるSBSフレイトサービス株式会社(社長:鳥海昭夫、本社:横浜市磯子区)は、デジタルタコグラフ(以下、デジタコ)の機種統一を進めてまいりましたが、10月末で全車導入が完了しましたのでお知らせいたします。

 SBSフレイトサービスは、東北から関西までの広域トラック輸送や海上コンテナ輸送(ドレージ輸送)の輸送事業や3PL事業などを展開しております。東北から大阪間の路線便から3温度帯のルート配送まで車両230台を保有しております。

 同社は、過去に一部事業所でデジタコを導入していましたが、アナログ式の代替が目的で、機種も不統一でした。近年、デジタコは、エコドライブや事故防止、事故原因の究明などへの機能が著しく進化していることから2015年より機種統一と全車導入に取り組んできました。

 新型デジタコは、ドライブレコーダーやGPS機能との連携により、車間距離保持や車線逸脱防止などのドライバー支援に加えて、走行中の撮影動画や車両位置をどこからでも確認できるほか改善基準告示に準拠した労務状況管理など運行管理支援が充実しております。

 一方、同社の事故防止に向けた安全教育は、各事業所を巡回する安全運転研修会の実施、SBSグループのエコ安全ドライブ研修への参加、2014年から2016年には運行管理者を対象としたグループ3社との合同管理者安全研修を12回に亘って開催するなど充実と強化を図っております。

●前方車間警報
車間距離が接近した場合、運転手にはアラームを鳴らし、管理者にはドラレコ動画上でピンポイントに知らせる。
●車線逸脱警報
車線を逸脱した場合、運転手にはアラームを鳴らし、管理者にはドラレコ動画上でピンポイントに知らせる。 

 同社は、今後も安全で安心な輸送サービスをご提供するために、今回導入した新型デジタコに代表される安全機器や設備による安全強化に積極的に取り組むと同時に、ドライバーや運行管理者の安全意識や技術の一層の向上に努めてまいります。
以 上

■ご参考
<SBSフレイトサービス株式会社概要>
本社:神奈川県横浜市磯子区杉田5−32−50
代表者:代表取締役 鳥海昭夫
設立:1944年(昭和19年)
親会社:SBSロジコム株式会社(100%)
資本金:10,000万円 (2015年12月末現在)
従業員数:390名 (2015年12月末現在)
事業所:青森、八戸、盛岡、宮古、仙台、羽生、埼玉、横浜中、厚木、海老名 小田原、下田、沼津、静岡など20か所
事業内容:一般輸送(三温度帯、書籍)、特殊輸送(ロケ資材)、海上コンテナドレージ輸送、倉庫・保管、物流センター運営、オフィス等移転・引越
URL:http://www.sbs-freight.co.jp
■本件に関するお問い合わせ先
SBSフレイトサービス株式会社
本社総務部
TEL:045-370-7305/FAX: 045-370-7306
■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る