• トップ
  • リリース
  • むらせのライスグラノーラ 食と農林漁業の祭典「ジャパンハーヴェスト2016」に フード・アクション・ニッポンアワード2016受賞者として出展

プレスリリース

むらせのライスグラノーラ 食と農林漁業の祭典「ジャパンハーヴェスト2016」に フード・アクション・ニッポンアワード2016受賞者として出展

(DreamNews) 2016年11月04日(金)09時00分配信 DreamNews

米穀の製造加工および販売を手掛ける、株式会社むらせ(所在地:〒238-0011神奈川県横須賀市米が浜通1-6、代表取締役:村瀬 慶太郎)は2016年11月5日(土)-6日(日)の2日間、東京丸の内で農林水産省主催の食と農林漁業の祭典「ジャパンハーヴェスト2016」にフード・アクション・ニッポンアワード2016受賞者として出展します。

米穀の製造加工および販売を手掛ける、株式会社むらせ(所在地:〒238-0011神奈川県横須賀市米が浜通1-6、代表取締役:村瀬 慶太郎)は2016年11月5日(土)-6日(日)の2日間、東京丸の内で農林水産省主催の食と農林漁業の祭典「ジャパンハーヴェスト2016」にフード・アクション・ニッポンアワード2016受賞者として出展します。





ジャパンハーヴェスト2016とは
2016年11月5日(土)-6日(日)の2日間、東京丸の内で農林水産省主催の食と農林漁業の祭典。
農業体験からおいしい食との出会いまで、丸ごと楽しめる“丸の内農園”
4つのエリアで様々な学び、体験を提供します。
また、日本の農業や食を盛り上げるさまざまな ステージイベントも開催。
時間 11:00-16:00、場所 東京丸の内仲通り、行幸通り

※ジャパンハーヴェスト2016 http://tabeyo-kokusan.jp/japan-harvest2016


■農業体験が出来る畑「Agriculture Field」
まるで農園に来たような体験が出来るエリア。
動物と触れ合ったり、収穫体験やトラクタ試乗などができる。「農業女子プロジェクト」協力による多彩なブースも用意。

■農産物が集まる市場「Waku Waku Marche」
生産者がこだわりぬいた農産物が集まるエリア。
大学生が生産した野菜や地域で育てた野菜が集まる、2日限りのオリジナルマルシェ。

■地域産品が溢れる森「Sanpin Forest」
日本全国のさまざまな地域産品に出会えるエリア。
普段はなかなか出会えないような地域産品に出会えます。

■ニッポンの食に出会う泉「Japanese Food Fountain」
「食」を軸に広がる新しい食べ方や作り方、知らなかった情報などに出会えるエリア。
食の新しい魅力が詰まっています。

ライスグラノーラは「地域産品が溢れる森 Sanpin Forest」エリアのS1「フード・アクション・ニッポン アワード 2016入賞者の出展」のコーナーに受賞者として出展し、ライスグラノーラを試食し体験していただけます。
当社を含め最終審査会に進んだ「入賞」100産品の中から、約20団体が出展しているので、ライスグラノーラ以外の産品も体験できます。

http://ricegranola.com/




【株式会社むらせについて】
本社:〒238-0011 神奈川県横須賀市米が浜通1-6 村瀬ビル2F
代表者:代表取締役 村瀬 慶太郎
創業:大正15年11月3日
資本金:3億円
Tel:046-827-0088 Fax:046-822-5583
URL:http://www.murase-group.co.jp/
事業内容:米穀の製造加工および販売

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社むらせ
担当者名:食品本部 ごはんソムリエ 岩田
Tel:03-5623-0088 Fax:03-3249-2676
Email: hr_iwata@murase-group.co.jp



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る