• トップ
  • リリース
  • 【ハウスメーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はミサワホーム、大和ハウス工業、旭化成ホームズ

プレスリリース

株式会社パテント・リザルト

【ハウスメーカー】特許資産規模ランキング、トップ3はミサワホーム、大和ハウス工業、旭化成ホームズ

(DreamNews) 2016年11月04日(金)11時00分配信 DreamNews

株式会社パテント・リザルトは2016年11月4日、独自に分類した「ハウスメーカー」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「ハウスメーカー 特許資産規模ランキング」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2016年11月4日、独自に分類した「ハウスメーカー」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「ハウスメーカー 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 ミサワホーム、2位 大和ハウス工業、3位 旭化成ホームズとなりました。

1位のミサワホームは、「住宅仕様を迅速に確定するための支援システム」や「種類を減らすことで工費の削減が可能なアンカーボルト」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。後者の技術は、日本以外に韓国への出願が見られます。

2位の大和ハウス工業の注目度の高い特許には、「工業化率と、遮音性や耐火性を両立する連続住宅の界壁構造」や「多様な機器間の通信方式に対応する住宅用エネルギー管理システム」に関する技術などが挙げられます。これらの特許は共にPCT国際出願からの各国移行となっており、前者は現在日本のみ、後者は日本のほか中国へも移行されており、現在審査が進められています。

3位の旭化成ホームズは、「輻射暖房や輻射冷房を行う、揺動可能な輻射パネル装置」や「視認性を配慮しつつ通風性を備える上下分割ドア」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。前者の技術はPCT国際出願により、日本のほか韓国、中国、台湾、欧州特許庁に出願されています。

詳細については、ランキングデータ「ハウスメーカー 特許資産規模ランキング2016」にてご覧いただけます。

■お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2016/11/house.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る