• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所調査結果サマリー】FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2016年)-為替相場変動事象が影響し、預り残高は減少、取引高は大きく増加-

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所調査結果サマリー】FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2016年)-為替相場変動事象が影響し、預り残高は減少、取引高は大きく増加-

(DreamNews) 2016年11月01日(火)13時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内FX(外国為替証拠金取引)市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2016年7月〜9月
2. 調査対象:商品先物会社、FX専業会社、証券会社、ネット銀行等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用
4.発刊日:2016年10月17日

<外国為替証拠金取引(FX: Foreign Exchange)とは>
1998年4月の外為法の改正を受けて登場した、国内初の個人投資家向け外貨売買の金融商品である。取引のしくみは、証拠金を担保にレバレッジをかけた取引額を想定元本として差金決済を行うものである。ここでは店頭FX(外国為替証拠金取引)市場を取り上げる。

◆2016年3月期の市場規模(預り証拠金残高)は1兆2,574億円、前年同期比4.6%減
◆2016年3月期の口座数は575万口座、前年同期比8.3%増
◆2016年3月期の年間取引高は5,003兆円※(※百万通貨は1億円として換算)、前年同期比18.6%増
◆2017年3月期は市場規模1兆3,230億円、616.5万口座、年間取引高4,778兆円※を予測

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。

■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001606
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る