• トップ
  • リリース
  • 【ABIリサーチ調査報告】テレメディシン、トレーニング、救急救命用途の拡張現実

プレスリリース

株式会社データリソース

【ABIリサーチ調査報告】テレメディシン、トレーニング、救急救命用途の拡張現実

(DreamNews) 2016年10月27日(木)10時00分配信 DreamNews

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「テレメディシン、トレーニング、救急救命用途の拡張現実」を2016年10月に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2016年10月発行

消費者向けのスマート眼鏡のヘッドマウントディスプレイ(HMD)に搭載された拡張現実(AR)はたちまち消滅したが、AR技術自体は商業分野に根付き、今後数年間に成長し始めると見込まれている。様々なプロフェッショナル市場で水面下でのトライアルが進行しており、展開の段階に移行しつつある早期導入者もある。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】テレメディシン、トレーニング、救急救命用途の拡張現実」が注目する医療分野では、関心や興奮を集めているものの、この拡張現実の局面においては開発により時間がかかるだろう。

拡張現実が重要なツールになるまでの間にも、ヘッドマウントディスプレイのアプリケーションを利用するファーストレスポンダ(第一応答者、緊急事態の最初の対応者)への早期採用が始まり、医師や外科医による早期トライアルがなされ、コンセプトが拡張するだろう。教育やトレーニングも早期市場においての関心を集めているが、ヘッドマウントディスプレイが高額であるため、導入は限定的であるだろう。多くの医療プロフェッショナルが、患者の規制管理による治療や成果のレベル向上のために新たな技術ツールに注目することで、医療分野での採用は大きくスタートし、ARが促進要因となって長期的な成果やコスト削減となるため、採用が促進するだろう。

この調査レポートは、主要セグメントである医療市場(テレメディシン、トレーニング、オフィスなど)でのHMDのARの市場可能性を分析している。2021年までの医療用HMDのハードウェアとソフトウェアの収益を北米、西欧、東欧、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに区分して予測している。

Augmented reality with smart glasses head mounted devices (HMDs) sputtered in the consumer market, but the technology has taken root in the commercial space and is expected to begin flourishing in the coming years. Trials are currently underway in many professional markets, and some early adopters have already moved to deployment stages. The medical field, which is the focus of this report, likewise has seen its share of interest and excitement but this facet of the augmented reality market will take longer to develop.

Early traction has started with first responders who use HMDs in see what I see applications and while early trials conducted by physicians/surgeons and even more concepts have been put forth it will take time before augmented reality becomes a pivotal tool. Education and training have also seen some early traction and interest, but high prices (HMDs) and limited installed base still keep these applications on the periphery. The medical market will start to gain momentum however as more medical professionals look to new technologies and tools to improve the level of care and outcomes for their patients-regulatory activity is also pushing the medical field to focus on long-term outcomes and limiting costs where possible, both of which can serve as drivers for AR.

This report analyzes the market potential for AR (use of HMDs) in key segments of the medical market (e.g. Telemedicine, Training, Office). Forecasts for medical HMDs (hardware and software revenue) are provided by region (North America, Western Europe, Eastern Europe, Asia-Pacific, Latin America, Middle East & Africa) and out to 2021.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。

ABIリサーチの年間プログラム「リサーチサービス」は、複数の調査レポートやマーケットデータを1年間を通して提供します。対象分野の最新動向を継続的に詳細に分析するもので、アナリストへの質問時間も提供し、70以上の分野を調査対象としています。


■ 調査レポート ■

【分析レポート:アプリケーション】テレメディシン、トレーニング、救急救命用途の拡張現実
AR in Telemedicine, Training and First Responder Medical Applications
4Q 2016 | Application Analysis Report | AN-2360 | 24 pages | 8 tables | 1 chart | 2 figures | PDF
出版社:ABIリサーチ(米国)
出版年月:2016年10月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian2360.html

【サービス区分】拡張現実、仮想現実、ゲーム技術
Augmented Reality, Virtual Reality and Gaming Technologies
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html?cid=1156

【サービス区分】モバイル医療のウェアラブル、プラットフォーム、サービス
mHealth Wearables, Platforms and Services
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html?cid=46

(ABIリサーチのマーケットリサーチは、調査レポート、マーケットデータ、最新情報を提供するABIインサイツ、アナリストへの質問時間などの組合せによって提供する年間契約の情報サービスです。)

株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ     

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー   
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る