• トップ
  • リリース
  • 【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日本精工、矢崎総業

プレスリリース

株式会社パテント・リザルト

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日本精工、矢崎総業

(DreamNews) 2016年10月28日(金)09時00分配信 DreamNews

株式会社パテント・リザルトは2016年10月28日、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2016年10月28日、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 デンソー、2位 日本精工、3位 矢崎総業となりました。

1位のデンソーの注目度の高い特許には、「車両用空調装置に適用されるヒートポンプサイクルにおいて、除霜運転時に外部熱源から供給される熱を有効に利用することができる技術」や、「排気ガス等の温度を測定する温度センサにおいて、接続信頼性と生産性を両立させる技術」などが挙げられます。

2位の日本精工は、「パルス幅変調(PWM)駆動方式を採用したモータ制御装置において、制御用電源電圧が不足した際のインバータ素子短絡を防止することができる技術」や、「簡便な構成でねじ軸の直動案内をスムーズに行うことができるアクチュエータ」などが注目度の高い特許として挙げられます。

3位の矢崎総業の注目度の高い特許には「振動下に置かれても破損することがなく、車が水没しても内部に水が浸入することのない端子台」や「車両の電源ボックスに用いられるヒューズに関し、部品点数の削減、省スペース化に貢献するとともに、連鎖ヒュージブルリンクとの部品共用も可能にする技術」などが挙げられます。

そのほか、上位10社の中で、前年から順位を上げた企業には、NTN、KYBなどがあります。

詳細については、ランキングデータ「自動車部品 特許資産規模ランキング2016」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2016/10/automobileparts.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る