• トップ
  • リリース
  • 団体を超えたグラップリング(組み技格闘技)の祭典。グラップラーズリーグ第一回大会が開催。松本義彦選手(カルペディエム)が初代王者に。

プレスリリース

一般財団法人日本そうじ協会

団体を超えたグラップリング(組み技格闘技)の祭典。グラップラーズリーグ第一回大会が開催。松本義彦選手(カルペディエム)が初代王者に。

(DreamNews) 2016年10月20日(木)18時00分配信 DreamNews

一般財団法人日本そうじ協会(東京都中央区 理事長 今村暁)がスポンサードしているグラップラーズリーグの第一回トーナメントが2016年10月16日に開催されました。柔術、総合格闘技の複数団体のチャンピオンクラスの選手たちが集まり行われたトーナメントには8人が出場し、グラップラーズリーグの決勝戦を一本勝ちで制した松本義彦選手(カルペディエム)が初代王者につきました。

【グラップラーズリーグ第一回トーナメントが開催】
一般財団法人日本そうじ協会(横浜市 理事長 今村暁)がスポンサードしているグラップラーズリーグ(事務局 横浜市 代表 Joao Paulo Kuraoka)の第一回トーナメントが2016年10月16日に横浜市吉野町市民プラザで開催されました。柔術、総合格闘技の複数団体のチャンピオンクラスの選手たちが集まり行われたトーナメントには8人が出場し、決勝戦を一本勝ちで制した松本義彦選手(カルペディエム)がグラップラーズリーグ初代王者になりました。

【グラップラーズリーグとは】
グラップラーズリーグは、柔術、総合格闘技、レスリング、柔道、様々な分野の選手がグラップリングの技術を通して交流し、技術を高め、競技の魅力を伝え、競技人口を増やすことを意図して、プロデューサーのジョンパウロ倉岡氏によって設立されました。

ポイント制度を極力シンプルにし、3分5ラウンドの引き分けなしの完全決着のルールとなっています。
ラウンド制のグラップリングの大会であったため、スピーディーな試合展開となり、9試合中7試合が一本勝ちで勝者が決まるという大会になりました。

【今後の展開】
グラップラーズリーグでは、プロ、セミプロ、アマチュアと裾野を広げていく活動を続けます。一般財団法人日本そうじ協会では、グラップリング業界、柔術界との人的交流により、街そうじ、ゴミ屋敷掃除等、清掃現場における人材不足を解消していくことを期待し、これからも継続してサポートしてまいります。

【本件に関するお問い合わせ】
一般財団法人日本そうじ協会 担当:今村暁
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2階
電話番号:03-6271-5737
E-mail :soujikyoukai@gmail.com
日本そうじ協会 http://www.soujikyoukai.jp/
グラップラーズリーグ http://www.g-league.com/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る