• トップ
  • リリース
  • 大阪いずみ市民生協の「たべる*たいせつミュージアム」(2015年4月1日 オープン)の来館者数が、3万人を突破しました!

プレスリリース

大阪いずみ市民生活協同組合

大阪いずみ市民生協の「たべる*たいせつミュージアム」(2015年4月1日 オープン)の来館者数が、3万人を突破しました!

(DreamNews) 2016年10月19日(水)15時00分配信 DreamNews

10月12日に、大阪いずみ市民生協が運営する「コープ・ラボ たべる*たいせつミュージアム」(2015年4月1日オープン)の来館者数が、3万人を突破しました。 3万人目の来館者は、ミュージアムのある和泉市にお住いの仲良しママ友グループのみなさんでした。

2年目を迎えた、大阪いずみ市民生協が運営する「たべる*たいせつミュージアム」。
微生物や残留農薬などさまざまな食品検査を担う「商品検査センター」と「食育と食べることの大切さ」を学べる施設がコラボした全国的にも珍しい体験型ミュージアムです。
今年度は、新たなコンテンツ(VRスコープで体内探検など)も増やし、来館者をお迎えしています。
来館者の傾向として、学校などの校外学習(学びの場)としてのご利用が多くなっています。
10月12日、オープン1年半で来館者数が、3万人を突破しました!

どなたでも自由に入館いただける施設です。みなさん、ぜひお越しください。

たべる*たいせつミュージアムの詳細は、ホームページにてご覧ください。
http://www.izumi.coop/museum/index.html

【本件に関するお問い合わせは】 大阪いずみ市民生協 広報PR担当 高野(たかの)まで 072−232−5100



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る