• トップ
  • リリース
  • 三菱総研とナイトレイがインバウンド市場分析事業で業務提携

プレスリリース

株式会社三菱総合研究所

三菱総研とナイトレイがインバウンド市場分析事業で業務提携

(DreamNews) 2016年10月20日(木)10時00分配信 DreamNews

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「MRI」)と株式会社ナイトレイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川豊、以下「ナイトレイ」)は、企業や自治体、日本版DMO*の観光戦略策定、デジタルマーケティング支援を目的とする業務提携を10月20日に締結しました。

1.業務提携の背景と目的
 2016年4月〜6月期の訪日外国人客数は596万人であり、前年同期(501万人)に比べ19.0%増加している一方、訪日外国人1人当たりの旅行支出は159,930円と前年同期(177,546円)に比べ9.9%減少しています(出典:訪日外国人消費動向調査(観光庁)、訪日外国人旅行者数は日本政府観光局(JNTO))。
 このようにインバウンド需要はモノからコトへのニーズ変化の兆しが見えるなど、将来動向が見通しづらくなっている中、訪日外国人のニーズを詳細かつスピーディーに把握・分析することが必要になってきます。
 このような背景のもと、MRIが有する豊富な観光関連調査実績やデータ分析ノウハウに基づく訪日外国人来訪者数の将来予測やSNS解析の視点と、ナイトレイが提供するSNS解析サービス「inbound insight」とを融合した新たなインバウンド市場分析サービスを提供し、企業や自治体、日本版DMOの観光戦略策定、デジタルマーケティングを支援することを目的とした業務提携を締結しました。

2.提供サービスと今後の展開
 本年11月に、MRIによる訪日外国人動向の2030年までの将来予測結果を、ナイトレイが提供する「inbound insight」において提供する新サービスとして開始する予定です。さらに本年12月以降、訪日外国人の位置・移動情報を活用した新たなインバウンド市場分析サービスを順次開始していく予定です。
 MRIとナイトレイは、今回の業務提携および今後の新サービスの提供を通じて、全国各地の「地方創生」をより強力に支援してまいります。

【inbound insightについて】
 「inbound insight」は、ナイトレイが提供する訪日外国人の位置・移動情報に特化したSNS解析サービスです。Twitter等のSNS上に公開されている投稿内容を大規模にリアルタイム解析することで、行動場所やクチコミ・国籍・性別・移動経路などをデータベース化し、ASP型分析ツールと解析結果データとして提供します。


本件に関する問い合わせ先
株式会社三菱総合研究所(http://www.mri.co.jp/
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目10番3号

【内容に関するお問い合わせ】
地域創生事業本部  池田、宮崎
電話:03-6705-6018  ファクシミリ:03-5157-2142  メール:tikeda@mri.co.jp, miyazaki@mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部  吉澤、渋谷
電話:03-6705-6000  ファクシミリ:03-5157-2169  メール:media@mri.co.jp

株式会社ナイトレイ(http://nightley.jp/
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町8-17 シャレー渋谷 A-101
セールス&プロモーション部 湯治 メール:info@nightley.jp



図 MRIとナイトレイの協業イメージ


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る