• トップ
  • リリース
  • 米議会報告書「CylancePROTECT(R)が米連邦政府の人事管理局(OPM)の情報漏えいの原因となるマルウェアの検出、阻止、修復に極めて重要な役割を果たした」と結論

プレスリリース

Cylance Japan株式会社

米議会報告書「CylancePROTECT(R)が米連邦政府の人事管理局(OPM)の情報漏えいの原因となるマルウェアの検出、阻止、修復に極めて重要な役割を果たした」と結論

(DreamNews) 2016年10月14日(金)15時00分配信 DreamNews

Cylance(R) が、2015年の米連邦政府の人事管理局における情報漏えい事件の際のマルウェア検出、阻止、修復に重要な役割を果たしたとして、米下院監視・政府改革委員会の委員長Jason Chaffetz氏 (共和党、ユタ州選出) によって発表された報告書で紹介されました。

報告書では、人工知能によるセキュリティソフトウェアが進行中の情報漏えいを停止する鍵の役割を担ったと紹介

米国カリフォルニア州、アーバイン発、AI(人工知能) を活用して標的型攻撃やマルウェアの実行を未然に防ぎサイバーセキュリティに革命をもたらしているCylance(R)<http://www.cylance.com/>が、2015年の米連邦政府の人事管理局(OPM)における情報漏えい事件の際のマルウェア検出、阻止、修復に重要な役割を果たしたとして、米下院監視・政府改革委員会の委員長Jason Chaffetz氏 (共和党、ユタ州選出) によって発表された報告書で紹介されたことを本日10月14日に発表します。本報告書には、中国に由来すると推測される “Shell Crew” や “Deputy Dog” といったハッカー集団によるAPT攻撃を正常に識別および阻止するために、情報漏えい発見後にCylancePROTECT(R)製品が初めて使用された事実が記されており、さらに「人事管理局(OPM)の情報漏えい対処策として提供されたCylanceの最先端防御技術の重要性は軽視することができません」と付け加えられています。

Cylance Inc.の創業者、社長兼CEOのスチュワート マクルアー(Stuart McClure) は、「我々がこの悪質な攻撃の阻止および一掃の一端を担えたことを光栄に思います。人事管理局(OPM)での漏えい、そして無数の類似事件があったからこそ、国家、不正ハッカー、犯罪組織、サイバーテロリストを問わず、サイバー犯罪者との戦いに当社は人工知能を適用するという発明に至りました。我々の使命はありとあらゆる人々を守ることであり、それはまだ始まったばかりです」と述べています。

Cylanceの長年のチャネルパートナー、Assurance Data社の社長兼CEOであり、米連邦政府の主任情報セキュリティコンサルタントであるMatthew Morrison氏は「CylancePROTECTが最初にリリースされたとき、それが革新的な技術であることは明白でした。私たち自身、高度なマルウェアがこれまでの従来型エンドポイントセキュリティ製品をどのようにすり抜けるのかを理解していたので、CylancePROTECTを人事管理局(OPM)に紹介し、すべてのコンピューターとサーバー上で使用することを推奨しました」と述べています。

US-CERTは「2015年4月16日に人事管理局(OPM)がネットワーク上で疑わしい活動を発見した」とする報告書を2015年4月24日に発表しました。疑わしい活動を発見した翌日、つまり2015年4月17日には、人事管理局ITセキュリティ責任者であるJeff Wagner氏は人事管理局の当時のCIO (最高情報責任者) Donna Seymour氏に「マルウェアを発見したのはCylanceのツールであったため、Cylance関係者が調査支援のためにやってくる」という旨のメールを送信しました。今回の報告書では以下のように説明されています。「CylancePROTECTは人事管理局のネットワーク侵害が判明した後に使用された最初のツールで、即座にマルウェアを発見し、人事管理局全体のマルウェア駆除を始めました。」

本報告書には人事管理局ITセキュリティ責任者であるJeff Wagner氏のコメントが掲載されています。「Cylance独自の機能と動作により、他社のツールでは検知できなかったものを発見することができました。検知方式については、従来の定義ファイル、一般的なヒューリスティックやインディケーターベースの定義ファイルなどは使用されておらず、Cylanceの独自方式が採用されています。」CylancePROTECTがどのように人事管理局を支援したか、また将来の情報漏えい防止にどのように役立てられるか、詳細についてはwww.cylance.com/breachpreventionを参照ください。

CylancePROTECT(R)について
Cylance(R)の画期的なマルウェア識別機能の中核を成すのは、アルゴリズム サイエンスとAI(人工知能)のパワーを活用する革新的な機械学習リサーチ プラットフォームで、ファイルごとに何十万もの特性を解析・分類し、DNAレベルまで分解して、そのオブジェクトが「良性」」か「悪性」かをリアルタイムで判断します。

Cylance Inc. について
Cylance(R)は、予測防御型サイバーセキュリティソリューションを提供する唯一の企業です。最も脆弱な場所であるエンドポイントで、標的型攻撃やマルウェアが実行される前に阻止します。革新的なAI(人工知能)アプローチを応用した CylancePROTECT(R)は、コードが実行される前にそのDNAを分析し、他のソリューションでは不可能な脅威の検知と防御を実現します。使用するシステムリソースは、従来型の「検知して対応」するアンチウイルスソリューションのわずか数分の1です。詳しくは、下記サイトをご参照ください: https://www.cylance.com/jp

Cylanceおよび CylancePROTECTは、米国および諸外国における Cylance Inc. の登録商標または商標であり、その使用には事前の書面による許可が必要になる場合があります。その他の商標の所有権は各所有者に帰属します。

詳細情報
Cylanceプレスリリースと最新ニュースは下記のWebサイトで入手できます。
https://www.cylance.com/jp-company-news-press-releases
Cylanceの製品情報や詳細については下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.cylance.com/jp

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
Cylance Japan株式会社
担当:三浦
電話:03-6386-0061
Email: infojapan@cylance.com

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>
Cylance Japan PR事務局
合同会社NEXT PR(担当:有本、本間)
電話:03-4405-9537  
Email: cylance@next-pr.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る