プレスリリース

株式会社プロット

「第6回情報セキュリティEXPO【秋】」出展のお知らせ

(DreamNews) 2016年10月13日(木)13時30分配信 DreamNews

 株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は、2016年10月26日(水)から28日(金)の日程で開催される国内最大級のIT展示会「Japan IT Week秋 第6回情報セキュリティEXPO【秋】」へ出展いたします。

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は、2016年10月26日(水)から28日(金)の日程で開催される国内最大級のIT展示会「Japan IT Week秋 第6回情報セキュリティEXPO【秋】」へ出展いたします。



近年、情報漏えい事件の報道が相次いでおり、被害も深刻化しています。情報処理推進機構が発表した2016年の情報セキュリティ10大脅威では、標的型攻撃メールによる情報流出が最大の脅威に位置付けられ、組織では情報セキュリティインフラの整備および従業員・職員の教育の重要性が高まっております。

弊社では標的型攻撃メール対策の製品・サービスを開発・提供しております。弊社出展ブースでは下記ソリューションを展示し、製品の使用感をお試し頂くためにデモ機をご用意してお待ちしております。

・分離されたネットワーク間でのファイル授受・ファイル無害化システム「Smooth File ネットワーク分離モデル」
・メール本文や添付ファイルの無害化システム「メール無害化ソリューション」
・無料からはじめられる標的型攻撃訓練クラウドサービス「CYAS (Cyber Attack Simulator )」

上記以外にも、組織間大容量ファイル転送&共有システムの新バージョン「Smooth File 6」、添付ファイル自動暗号化システム「Temp Box」、メールアーカイブ/フィルタリングシステム「Mail Gazer」など、個人情報流出対策および情報セキュリティ対策についてのソリューションをご紹介予定でおります。

展示会場へご来場の際は、是非当社ブースへもお立ち寄りくださいませ。

【イベント概要】
会期:2016年10月26日(水)〜28日(金)
10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)
会場:幕張メッセ  ブース番号:A-321
主催:リードエグジビション ジャパン株式会社
費用:無料(要招待券)
招待券をご希望の方は、下記問い合わせ先へご連絡ください。
担当よりご送付させていただきます。

【主な展示サービス・ソリューション】

[1] 分離されたネットワーク間でのファイル授受・ファイル無害化システム「Smooth File ネットワーク分離モデル」

 分離されたネットワーク間でのファイル授受・ファイル無害化システム「Smooth Fileネットワーク分離モデル」は、組織内のネットワークを情報系ネットワークと基幹系ネットワークなどに分離している環境において、異なるネットワーク間でのファイル授受を行うシステムです。
 ファイルをアップロードした際に「マクロを除去したOfficeファイル」「スクリプトを除去したPDFファイル」「メタ情報を除去した画像ファイル」「PDF化したOfficeファイル」等、自動でファイルを無害化し渡すことができます。また、ファイルがアップロードされた際の上長承認により不正なファイル持込み・持出しを防止し、操作ログにより追跡調査ができます。

[2] メール本文や添付ファイルの無害化システム「メール無害化ソリューション」

 メール本文や添付ファイルの無害化システム「メール無害化ソリューション」は、標的型メール攻撃の対策として従業員・職員宛の有害メールを自動で無害化するソリューションです。
 メールの内容を検査し、HTMLメールのテキストメール変換、メール本文内のURLを非リンク化、添付ファイルの隔離、隔離した添付ファイルの無害化を行います。また、無害化を施したメールと無害化を施していないメールを二重に配信し、オリジナルメール用のメールサーバーと無害化用のメールサーバーに振り分けることができます。本ソリューションは、既存のメール環境にアドオンできる構成のため、使い慣れたメールクライアントを変更することなく導入ができます。さらに、隔離した添付ファイルは、「Smooth File」からブラウザ経由でダウンロードし閲覧することができます。無害化を施す前のメールは、オリジナルメールをアーカイブした「Mail Gazer」にブラウザでアクセスし閲覧することができます。

[3] 無料からはじめられる標的型攻撃訓練クラウドサービス「CYAS (Cyber Attack Simulator)」

 無料から始められる標的型攻撃メール訓練クラウドサービス「CYAS (Cyber Attack Simulator)」は、従業員・職員に対して疑似的な標的型攻撃メールを配信し、添付ファイルを実行したり、本文内のURLへアクセスしたりというような被害に繋がる行動をするかどうかをチェックする訓練サービスです。
 疑似攻撃メールを開封・実行もしくは閲覧したユーザーに対して、標的型攻撃メールに対する具体的な注意事項などを教育する為のコンテンツを表示し、組織全体のセキュリティ意識の向上に貢献します。
 また、訓練の実施結果はWEBブラウザ上の管理画面から確認する事ができます。

【リリース詳細】
リリース詳細はこちらをご覧ください(PDF)
http://www.plott.co.jp/common/pdf/pr_161013.pdf
※PDF ファイルをご覧になる時は「アドビシステムズ社」の Adobe Reader が必要です。

【商標について】
Smooth File・Mail Gazer・Temp Boxは、プロット社の登録商標です。
※プレスリリースに記載された仕様、サービス内容などは現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。予めご了承ください。

【株式会社プロットについて】
1968年創業の開発会社。主な事業として、パッケージ製品の開発、クラウドサービスの運営を行っています。パッケージ製品には、標的型攻撃メール対策・ファイル送受信の効率化・社内の情報共有・メールの誤送信対策・メールのアーカイブなどITを利用した企業間のコミュニケーションを便利で安全にするソリューションを提供しています。

===本件に関するお問い合わせ============================================
東京本社 担当:坂田
東京都港区三田3-11-36 三田日東ダイビル2F
TEL 03-5730-1400/FAX 03-5730-1401
E-MAIL:sales@plott.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る