• トップ
  • リリース
  • 「リソル生命の森」の特別健康セミナー“1日8,000歩・速歩き20分”で驚きの予防効果!〜マスコミでも紹介「歩数と歩き方」で糖尿病、認知症等を予防〜

プレスリリース

リソルホールディングス株式会社

「リソル生命の森」の特別健康セミナー“1日8,000歩・速歩き20分”で驚きの予防効果!〜マスコミでも紹介「歩数と歩き方」で糖尿病、認知症等を予防〜

(DreamNews) 2016年10月12日(水)14時00分配信 DreamNews

「リソル生命の森」では、“いきがい・絆・健康・くつろぎ”をテーマとした各種講座「お茶の間ゼミ」を連続開催しております。この10月23日(日)には、講師に青蜊K利氏をお迎えして新聞や書籍などマスコミでも話題の「ガンや糖尿病、認知症などの生活習慣病全般を病気別に予防する歩数と歩き方」といったテーマで特別健康セミナー「1日8,000歩・速歩き20分で長寿遺伝子のスイッチON!」を予定しています。

都心から約75分の千葉県の中央「中房総」に広がる、多世代交流型リゾートコミュニティ「リソル生命の森」(千葉県長柄町)では、“いきがい・絆・健康・くつろぎ”をテーマとした各種講座「お茶の間ゼミ」を連続開催しております。この10月23日(日)には、講師に青蜊K利(あおやぎ ゆきとし)氏をお迎えして新聞や書籍などマスコミでも話題の「ガンや糖尿病、認知症などの生活習慣病全般を病気別に予防する歩数と歩き方」といったテーマで特別健康セミナー「1日8,000歩・速歩き20分で長寿遺伝子のスイッチON!」(聴講無料)を予定しています。

青蜴≠ヘ2000年より15年にわたり、群馬県中之条町の高齢者全員(約5,000人)を対象に、日常的な身体活動と心身の健康について調査。この中之条研究では、対象者に加速度センサー内蔵の身体活動計を常時(お風呂に入る時以外のすべての時間)装着し1日24時間、1年365日の生活行動と20種類以上の病気・病態の発症との関係を分析されています。

■“1日8,000歩・速歩き20分”特別健康セミナーの概要
・開催日時:10月23日(日)13:30〜15:30(開演の30分前から受付)
・開催場所:リソル生命の森 フォレストアカデミー(連絡先:0475-35-3333)
・受 講 料:無料 (定員100名)
・講  師:青蜊K利氏(東京都健康長寿医療センター研究所・運動科学研究室長)
・講演内容:「ガンや認知症などの生活習慣病全般を病気別に予防する日常生活とは?」

<青蜴<vロフィル> 
トロント大学院医学系研究科博士課程修了、医学博士取得。東京都健康長寿医療センター研究所・研究副部長(運動科学研究室長)として高齢者の運動処方ガイドラインの作成に関する研究に従事。また、国家的・国際的プロジェクトの主要メンバーとして先進諸国の自治体における老人保健事業等の展開も支援。著書に『やってはいけないウォーキング』(SBクリエイティブ)、『一日一万歩はやめなさい!』(廣済堂出版)等多数。
■この資料に関するお問い合わせ先
リソルホールディングス株式会社(RESOLグループ) 広報担当/元村・高橋  
TEL:03(3342)0331(直通) E-mail :press@resol.jp URL :https://www.resol.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る