• トップ
  • リリース
  • ペンタセキュリティのクラウドブリック、米国NCSAMチャンピオンに2年連続選定

プレスリリース

Penta Security Systems K.K.

ペンタセキュリティのクラウドブリック、米国NCSAMチャンピオンに2年連続選定

(DreamNews) 2016年10月11日(火)11時00分配信 DreamNews

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社のWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリックが10月11日、去年に続き2年連続で米国の「国家サイバーセキュリティ意識向上月間(NCSAM)」でセキュリティサービス部門のチャンピオン企業として選定され、広報大使の役割を果たすことを明らかにしました。



「国際サイバーセキュリティ認識向上月間(NCSAM)」キャンペーンを通じて情報セキュリティ大衆化をリード


データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、http://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)のWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(Cloudbric、http://www.cloudbric.jp/)が10月11日、去年に続き2年連続で米国の「国家サイバーセキュリティ意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month, NCSAM)」でセキュリティサービス部門のチャンピオン企業として選定され、広報大使の役割を果たすことを明らかにしました。


米国は、2004年から10月を「国家サイバーセキュリティー意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month、以下NCSAM)」として記念しています。NCSAMは、米国の国家サイバーセキュリティ協議会(NCSA:National Cyber Security Alliance)と国土安全保障省(Department of Homeland Security)が主催するキャンペーンであり、情報資産を保護することが国家安保の優先になるという認識を高めるために始まりました。このキャンペーンを通じて、国際的に情報セキュリティの重要性を知らせて、セキュリティ事故発生の際、国家のリスク管理能力を培うことを目指としています。


特に、今年のテーマは「Our Shared Responsibility」であり、全世界が繋がっている「Connected world」になっているだけに、IoT、クラウドの導入が拡大されていて、私企業・教育機関・政府機関などのチャンピオンが協力し、セキュリティの重要性を強調し、企業と個人のセキュリティ義務を想起させるメッセージを伝播する予定です。


クラウドブリックは、昨年グローバル市場で初披露された簡単で賢いWebハッキング遮断サービスとして、Webアプリケーションファイアウォールだけでなく、DDoS防御、SSLなどのウェブサイトの保護に必要な機能を全て提供しながら、ITに関する知識がなくても簡単に適用できるという点が高く評価されたため、昨年に続き、2年連続で唯一なクラウドWebアプリケーションファイアウォールソリューションとしてNCSAMの広報大使に選定されました。クラウドブリックは、今後大手企業のセキュリティ担当者だけでなく、一般人・個人事業者も簡単にセキュリティ事故を防止できるようにSNSを通じて「簡単に学ぶセキュリティノウハウ」とセキュリティコラムを共有しながら、広報大使の役割を担う予定を明らかにしました。


ペンタセキュリティのCTOのDSKimは、「2年連続NCSAMのチャンピオンとして選定され、グローバルサービスとしての地位を認められたようでとても嬉しい。」とし、「情報セキュリティの義務は、企業だけでなく我々が一緒に認知していなければならない文化の一つだと思うので、NCSAMの「Our Shared Responsibility」という趣旨にとても共感し、簡単かつ充実したコンテンツを通じてセキュリティ分野に対する感心をさらに高めることに貢献したい。」と言及しました。







本件に関するお問い合わせ


ペンタセキュリティシステムズ株式会社(http://www.pentasecurity.co.jp
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る