• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、製薬企業のオーファンドラッグ戦略について調査結果を発表

プレスリリース

株式会社総合企画センター大阪

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、製薬企業のオーファンドラッグ戦略について調査結果を発表

(DreamNews) 2016年10月07日(金)18時00分配信 DreamNews

オーファンドラッグの推定市場規模は5兆9,147億円と増加推移した。承認取得件数も日・米・欧3極で2015年末までに649件となった。オーファンドラッグは、競合する製品が少なく高い収益性を見込めるため、参入各社は自社の注力領域で積極的に買収や提携を進めている。当資料では、オーファンドラッグ市場における参入各社の戦略と動向を調査。日・米・欧3極のオーファンドラッグ市場の実態を分析・レポートしている。

概要
◆オーファンドラッグは開発促進を目的として、米国で1983年、日本で1993年、欧州で2000年に法規制が整備され、治験に対する助成金や税額控除などの優遇措置が各国で設けられた。これにより、日・米・欧3極でオーファンドラッグの開発が活発化しており、2015年末までに承認取得件数は649件にのぼっている。

◆2000年以降の日・米・欧3極におけるオーファンドラッグ指定・承認件数は拡大傾向にあり、特に2014年及び2015年での承認件数は大幅に増えている。オーファンドラッグには、競合する製品が少なく高い収益性を見込めるという特徴があり、製薬企業各社は製品ラインアップの強化やパイプラインの拡充に向けて、自社の注力領域で買収や提携を積極的に進めている。

◆オーファンドラッグの推定市場規模は5兆9,147億円と増加推移している。内訳をみると、地域別では米国が最も大きく、全体の7割を占めている。これは、日本、欧州に比べオーファンドラッグの指定・承認件数が多いことが要因となっている。また、領域別でみると、大型製品を多数擁する癌領域が半数近くを占めている。

◆当資料では、今後も拡大が期待されるオーファンドラッグ市場における参入各社の戦略と動向を調査。日本、米国及び欧州の3極を調査対象地域として、オーファンドラッグ市場の実態を分析・レポートしている。


TPC市場調査レポート
「2016年 製薬企業のオーファンドラッグ戦略」
―各社の注力領域で買収・提携が活発化―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr310160319
資料体裁:A4判 155頁
発 刊 日:2016年10月7日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
■プライバシーマーク認定番号  第20001810 号
■ISO27001認証書番号  IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る