• トップ
  • リリース
  • 夜景評論家・丸々もとおプロデュース 雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」開催!

プレスリリース

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー

夜景評論家・丸々もとおプロデュース 雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」開催!

(DreamNews) 2016年09月26日(月)09時00分配信 DreamNews

(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都/代表理事・丸々もとお)では、2016年10月から12月で開催される、JRグループ「ディスティネーションキャンペーン」に合わせ、雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」をプロデュース。

同施設は小浜温泉と雲仙温泉の間に位置し、
紅葉の時期には大勢の観光客で人気を博す「六兵衛茶屋」。
その経営者が8000坪の自宅裏山にもみじを植えたことから、
30年の月日をかけて作り上げられた庭園は見事な景観を誇っている。

本イベントでは、その広大な敷地内にLEDフルカラー投光器やプロジェクターを随所に設置。
光のプログラムによって「極色彩」の贅を尽くし、鮮やかで絢爛豪華な光空間を創出します。
さらにメインエリアでは、プロジェクター映像&音響演出が加わり、
「日本の四季」をテーマにした、音と光のライトアップショーを展開します。

 開催期間は2016年9月30日(金)から、わずか3日間限定の特別企画です。
庭園の魅力を最大限に引き出しつつも、どこか叙情的な光の世界を体感できる、
「絶世の美夜景」に酔いしれてみてはいかがでしょうか。ぜひご覧ください!

【イベント開催概要】
■企画名称:雲仙市三十路苑「光の極彩庭園ライトアップ」
■開催期間:2016年9月30日(金)〜10月3日(月) ※4日間
■点灯時間:18:30〜21:30(最終入園21:00まで)
■料金:1,000円(現地入場料)
 ※近畿日本ツーリストのメイトプランにて雲仙温泉宿泊の方は無料。
  詳しくは販売店にてお問い合わせください。
 ※雲仙の宿泊施設からは送迎バスを運行。
■会場:雲仙市三十路苑(〒854-0511長崎県雲仙市小浜町南木指)
■主催:雲仙市
■共催:KNT-CTホールディングス
■後援:九州旅客鉄道株式会社
■プロデュース:丸々もとお/(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事

■総合プロデューサープロフィール
丸々もとお(MOTOO MARUMARU)               
 夜景評論家・夜景プロデューサー
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事

1965年生まれ。92年『東京夜景』上梓。
日本で唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始め、「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などを
ベースに評論するなど、夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組む。
執筆活動のほか、ホテルプラン、店舗プロデュース、不動産コンサルティング、雑誌、TV、ラジオ、
講演、インターネット等で活躍中。夜景に関する著書は40冊以上。
近著に、「亜細亜ノ夜景」(河出書房新社)、「絶対に見たい!美しい世界の夜景」(宝島社)などがある。
神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、広島市、広島県等の夜景観光アドバイザーを歴任。
夜景検定(夜景鑑賞士検定)、イルミネーション検定の総監修。東京ドイツ村・奧日光湯元温泉冬まつり、
小倉イルミネーション等の大規模イルミネーションのプロデュースも手がけ、集客に成功している。
受賞歴等:かながわ観光大賞等。ギネス世界記録保持者(アパリゾート上越妙高・世界最大の光の地上絵)、
ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使等。




<記事の内容に関するお問い合わせ>
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)
会社所在地:東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき3412
TEL:03-6204-0115 FAX:03-6204-0112 HP:http://yakei-cvb.or.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る