• トップ
  • リリース
  • しゃべれなくても講演ができる。利き手が不自由でも左手で絵と詩を描ける。 脳梗塞による重い後遺症を抱える「たけ」の個展を広島で初開催します。

プレスリリース

しゃべれなくても講演ができる。利き手が不自由でも左手で絵と詩を描ける。 脳梗塞による重い後遺症を抱える「たけ」の個展を広島で初開催します。

(DreamNews) 2016年09月26日(月)10時00分配信 DreamNews

表現画房たけで活動する「たけ」こと河村武明は 、9月29日(木)〜10月5日(水)、広島福屋八丁堀本店にて 広島では初の個展を開催いたします。

たけ(河村武明)は、2001年脳梗塞で倒れ、失語症、言語障害、聴覚障害、右手麻痺という4つの重い後遺症を抱えながら、絵と詩を描いている表現者です。講演は代読でパワーポイントを使って「ありがとうの話」を全国の学校でしています。500回を目標にしており、現在435か所で講演をしました。個展、講演でのお客様とのコミュニケーションは筆談です。
「たけ」の話、作品は、感謝の言葉や前向きなメッセージが多く、ご来場いただいたお客様からは、「感動した、元気をもらった」という声を多く頂いております。人生、何が起こるか分かりませんが、これだけ重い後遺症が残っていても、明るく笑顔で前向きに生きている「たけ」を見て、「よし、自分も頑張ろう」と思っていただけたら、幸いです。
ご多忙と存じますが、ご取材いただきますようご検討ください。よろしくお願い致します。 
   
■個展 「たけの世界展」 
会期:9月29日(木)〜10月5日(水)
会場:福屋八丁堀本店7階 ギャラリー101
住所:広島市中区胡町6-26
TEL:082-246-6111

※会期中、たけは連日在場し、名前入り色紙の実演販売を致します。
   (実演時間) 日〜木曜日:午前10時〜午後7時半
          金・土曜日:午前10時〜午後8時
                   (最終日は午後5時まで)

≪お問い合わせ先≫  表現画房たけ 河村育子 (090-9116-2313)       
宇治市伊勢田町中山78-11  Tel 0774-66-6973  FAX: 0774-66-6974
HP: http://hyougensya-take.com/  メール:webmaster@hyougensya-take.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る