• トップ
  • リリース
  • 【おむつ分野】中国における権利継続件数ランキングトップ3はユニ・チャーム、花王、P&G

プレスリリース

株式会社パテント・リザルト

【おむつ分野】中国における権利継続件数ランキングトップ3はユニ・チャーム、花王、P&G

(DreamNews) 2016年09月26日(月)11時00分配信 DreamNews

株式会社パテント・リザルトは2016年9月26日、中国特許庁に出願された「おむつ分野」の関連技術について、権利継続件数ランキングをまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2016年9月26日、中国特許庁に出願された「おむつ分野」の関連技術について、権利継続件数ランキングをまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

国際特許分類(IPC)または共通特許分類(CPC)として「A61F 13/49」が付与された出願を「おむつ分野」と定義し、中国において2016年8月4日までに公開された4,880件を対象に、中国の知的財産情報サービス専門機関である「中国知識産権出版社有限責任公司(IPPH)」が提供するデータを用い、権利継続と判定した特許または実用新案の件数を、企業別に集計しました。

その結果、1位 ユニ・チャーム、2位 花王、3位 P&Gとなりました。上位5社のうち、日本企業は3社がランクインしています。

権利継続件数第1位のユニ・チャームは、2位に300件以上の差をつけており、同社が中国で意欲的に権利化を進めていることが分かります。花王と大王製紙は、全出願に占める権利継続の割合が高くなっており、権利化する技術を選別し、出願している様子がうかがえます。

続いて、Biz Cruncherグローバル版を用いて、技術要素別に権利継続である特許または実用新案について、各社の技術要素シェア(割合)を集計しました。

第1位のユニ・チャームは、「パンツ型」の技術要素に注力していることが分かります。第2位の花王は「トップシート」「吸収体」「パンツ型」の割合がそれぞれ30%以上と高くなっています。またP&Gは「ファスナー」「漏れ防止」、KIMBERLY-CLARKは「ファスナー」「パンツ型」、大王製紙は「吸収体」の割合がそれぞれ高く、注力分野に関する各社の特徴がみられます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2016/09/diaper.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
http://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る