• トップ
  • リリース
  • 『銀行対応講座(基礎)〜取引銀行とのつき合い方の作法を学ぶ』を開催〜会計・税務・経営コンサルティングのアタックスグループ

プレスリリース

株式会社アタックス

『銀行対応講座(基礎)〜取引銀行とのつき合い方の作法を学ぶ』を開催〜会計・税務・経営コンサルティングのアタックスグループ

(DreamNews) 2016年10月03日(月)09時00分配信 DreamNews

税理士法人・経営コンサルティング会社を有するアタックスグループ(東京・大阪・名古屋・静岡、代表取締役社長 西浦道明)は、東京・名古屋にてセミナー『損をしない銀行対応講座(基礎)〜取引銀行とのつき合い方の作法を学ぶ』を開催することになりましたので、お知らせいたします。

企業にとって銀行取引は事業を継続するための大きな柱の一つです。然しながら、経営者の皆様は、事業推進に注力するあまり銀行との取引のあり方について、落ち着いて深く考えることが少ないのではないでしょうか?

銀行から「ああして欲しい・こうして欲しい」等と要請・依頼されたら「融資があるので、取敢えず言うことを聞こう」とか「面倒だから放っておこう」といった、場当たりな対応をしてはいませんか? 銀行の行動には必ず理由があります。何故、銀行がそんな行動をとるのか?そのことが将来どんな影響を与える危険があるのか?今やっておくべきこと・やるべきでないことは何か?

大切なのは銀行と対立することでなく、銀行の意図を理解した上で、よりよいコミュニケーション・取引関係を構築することです。
日々の銀行交渉にあたり、知っておくべきポイントを学べる講座です。

【セミナータイトル】
  『損をしない銀行対応講座(基礎)〜取引銀行とのつき合い方の作法を学ぶ』

【セミナー内容】
 1.銀行の考え方のベース
  (1) 銀行のビジネスモデル
  (2) 銀行の行動基準・背景

 2.銀行の組織・仕組み
  (1) 銀行員の一生
  (2) 銀行員の一年
  (3) 銀行員の一日

 3.将来の面倒を避けるために
  (1) 銀行からの要請や依頼ごと
  (2) 聞いていいこと悪いこと

 4.銀行とのリレーション構築に向けて
  (1) 誰とどのように
  (2) 継続性の確保

 5.経営モニタリングについて
  (1) 経営モニタリングとは
  (2) 報告の方法

 6.銀行取引政策
  (1) 業態による特徴
  (2) どの金融機関と取引するか

 7.銀行とのトラブルについて


【開催日】
 東京会場   平成28年10月17日(月)13:30〜17:00
 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02522.html
 名古屋会場  平成28年10月26日(水)13:30〜17:00
 http://www.attax.co.jp/seminar/detail/02523.html

【講 師】
 株式会社アタックス 金融ソリューション室 室長 松野賢一

【受講料】
 14,040円(税込み)

【定 員】
 東京会場  40名
 名古屋会場  60名

【対 象】
 経営者・経営幹部・財務担当役員限定
 ※同業者の方はご遠慮ください。

【会 場】
 東京会場:アタックスセミナールーム(電話  03-3518-6363)
       〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
 名古屋会場:アタックスセミナールーム(電話 052-586-8829)
       〒450-0002 名古屋市中村区名駅5-27-13












【会社概要】
 ■会社名 株式会社アタックス
 ■代表者 代表取締役 西浦道明
 ■資本金 3億5,500万円
 ■所在地 東京都千代田区神田神保町1−105
 ■TEL 03−3518−6363
 ■FAX 03−3518−6366
 ■URL http://www.attax.co.jp/
 ■お問合せフォーム http://www.attax.co.jp/contactall/
 ■事業内容 1.税理士法人 2.経営コンサルティング

【お問い合わせ先】
 ■会社名 株式会社アタックス
 ■担当者 経営情報室 山崎
 ■TEL 03−3518−6363
 ■FAX 03−3518−6366
 ■お問合せフォーム http://www.attax.co.jp/contactall/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る