• トップ
  • リリース
  • コンカー、社員への託児支援(ベビーシッター補助)制度を導入開始

プレスリリース

株式会社コンカー

コンカー、社員への託児支援(ベビーシッター補助)制度を導入開始

(DreamNews) 2016年09月15日(木)13時00分配信 DreamNews

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカーは社会問題化する待機児童対策と新しいワークスタイル確立に向けた新しい取り組みとしてベビーシッター補助制度を開始します。

〜 外部のサービス会社を社員へ紹介、費用の半額を補助 仕事と家庭を両立させたい子育て世代を支援 〜

2016年9月15日(東京発) - 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は社会問題化する待機児童対策と新しいワークスタイル確立に向けた新しい取り組みとしてベビーシッター補助制度を開始します。

日本は1998年にピークだった労働人口の減少が進み、2030年には65歳以上の高齢者が1/3を占める社会となります。社会全体の労働生産性の観点では質、量ともに大きな課題を抱え、女性活用や時短、単一労働・単一賃金など、政府与党・地方自治体・企業で対策が進められています。コンカーは株式会社働きがいのある会社研究所(本社:東京都中央区、代表取締役:岡本利奈子)が運営するGreat Place To Work Institute Japanが発表した2016年版日本における「働きがいのある会社」ランキング、従業員25〜99人部門において2年連続でベストカンパニーを受賞。最新クラウド技術の活用を通じて、日本のビジネスパーソンの生産性向上を支援する立場から、自社社員に対しても働きやすさを考慮した様々な人事施策を展開しています。すでに、在宅勤務、育児短時間勤務、ジェンダーフリー採用、キャリアカウンセリング制度、インターナルジョブポスティング、定年退職者に向けたプロフェッショナル採用など進めています。

この取り組みをさらに加速すべく、このたび乳幼児を抱える全社員を対象に新たにベビーシッター補助制度を開始、利用金額の半額をコンカーが負担する取り組みを始めました。保育園に子供を預けられず、退職せざるを得ない社員が社会問題になる中、より働きやすい環境を整備する観点から運用を開始しています。

シッター補助制度が適用されるケース
・保育園に入れず、育休から復帰するためにシッターを利用する場合
・病児保育としてシッターを利用する場合
・残業するためにシッターを利用する場合
なお、お子様の年齢(小学校3年生まで)に応じて支給率が変動しますが、利用金額の上限はありません。

本制度の試験運用を活用した弊社社員の感想を以下に紹介します。
「在宅勤務がメインで、ベビーシッターを活用して生後4か月の今年7月に仕事復帰しました。年度途中では保育園の定員の空きがなく、普通なら仕事復帰は難しいのが現状です。でも、ベビーシッター補助制度のおかげでキャリアの中断を最小限にして仕事復帰することができました。在宅勤務も可能なおかげで、子供の顔を見ながら安心して仕事に取り組めており、大変助かっています。

本制度に関し、コンカーの代表取締役社長である三村真宗は次のように述べています。
「労働人口が減少する中、企業の社員の生産性向上や女性活用の取り組みは喫緊の課題と言えます。弊社はお客様の生産性向上を促進する立場から、積極的に新しい手法や人事制度を取り入れ、今後も最高レベルの生産性を維持し、日本社会に貢献していきたいと思っています。」

■株式会社コンカーについて
企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細についてはwww.concur.co.jpをご覧ください。

■Concurについて
SAPグループ企業のConcurは、全世界で約4,200万人のユーザー数、およびFortune500の61%の企業が利用する世界トップシェアの出張管理クラウドサービスを提供しております。各地域におけるT&E(出張・経費管理)に関するリーディングカンパニーとの提携を重要な戦略と位置づけ、ビジネスを拡大しています。コンカーは出張・経費管理におけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。モバイルでも利用可能なクラウドソリューションはコスト管理と従業員のムダな時間消費を削減します。Concur Travel & Expense を通じた継続的なイノベーションと、エコシステムを活用したアプリケーション、コンテンツの拡充、そして、外部情報を組み合わせた包括的な出張・経費データの活用により、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。これはコンカーが掲げる企業ビジョン “The Perfect TripTM”の戦略に基づくものです。また、The Concur Perfect Trip Fundは最先端で革新的な出張に関するテクノロジーを持つ企業に投資を行います。2013年10月に行われた初めての年次開発向けカンファレンスにて、優秀賞として10万ドルを付与しています。詳細は www.concur.com またはコンカーブログをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先:
株式会社コンカー マーケティング部
電話:03-4570-4600

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る