• トップ
  • リリース
  • 9/25(日)【マンション管理組合セミナー@新宿】 〜大規模修繕工事前には把握したいタイル剥落のリスク〜

プレスリリース

株式会社さくら事務所

9/25(日)【マンション管理組合セミナー@新宿】 〜大規模修繕工事前には把握したいタイル剥落のリスク〜

(DreamNews) 2016年09月13日(火)18時00分配信 DreamNews

業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)とマンション管理組合向けコンサルティングを行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/代表:大西倫加)では、9月25日(日)、「大規模修繕工事で発覚する瑕疵と外壁タイル剥落のリスク」をテーマにマンション管理組合向けセミナーを開催します。

先月、首都圏を直撃した台風9号の影響で、都内の分譲マンションの外壁タイルが剥落、通行人が負傷するといった事故が起きました。

施工不良や経年劣化による不具合を放置していると、雨風の影響で剥落することは十分に起こり得ます。事故を未然に防ぎ、資産でもある住まいを守るためには、不具合の早期の発見・原因究明が肝要です。

多くの分譲会社では、外壁タイルの浮きについて引渡し後2年のアフターサービス期限内に発見されれば対応すると定めており、まずはこの期間内に点検するのがベストとも言えます。ですが中には、大規模修繕工事着工時、足場を組み外壁を調査して初めて想定外の不具合が発見されることも少なくありません。分譲会社・施工会社の対応によっては、管理組合が修繕費用を負担しなければならず、将来の修繕積立金が不足してしまうケースや、瑕疵補修に際し長期にわたり仮住居に転居を強いられるといったケースも。

今回のセミナーでは、タイル剥落の原因・メカニズムから、浮きが発覚した場合の対処法、正確に原因を把握する方法、といった実践的な内容を、実例を交えながら「実際にマンションの外壁に不具合を抱えている」「劣化診断で多くのタイルの浮きを指摘されている」「大規模修繕工事着工後に発生するトラブルを未然に防ぎたいと考えている」といった管理組合の方に向けて解説させて頂きます。

---------------------<セミナー詳細>---------------------
■ 内 容
・タイル剥落の原因・メカニズム
・浮きが発覚したらまずどうしたらいい?
・分譲会社・施工会社の責任は問える?補修費用は?
・大規模修繕工事着工後に不具合が発覚した際の対処法 ・・・ほか
■ こんな管理組合にオススメ
・既にタイルに関する問題や不安を抱えている管理組合
・大規模修繕工事着工後に発生するトラブルを未然に防ぎたいと考えている管理組合
・劣化診断で多くのタイルの浮きを指摘されている管理組合 ・・・ほか
■ 日時
2016年9月25日(日) 10:00〜12:00(受付開始 9:45〜)
※セミナー後半では皆さまのご質問に直接お答えするお時間もご用意しています

■ 開催場所
JR新宿駅より徒歩10分圏内の会場にて開催予定
※詳細はお申し込みいただいた方々に別途お伝えいたします

■ 参加費
1,000円 / 1名
※「マンション管理組合のミカタ」会員の方は無料

■ 定員
20名(先着順となります)

■ 講師
さくら事務所 マンション管理コンサルタント 土屋輝之

不動産仲介営業から新築マンション販売センター長を経る間に、不動産売買及び 運用コンサルティング、マンション管理組合の運営コンサルティングなどを幅広く 長年にわたって経験後、(株)さくら事務所参画。
不動産関連資格も数多く保持し、深い知識と経験を織り込んだコンサルティングで 支持される不動産売買とマンション管理のスペシャリスト。マンション管理サービス部門責任者。
■お申込み・詳細はこちら
http://www.s-mankan.com/seminar/1101.html


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社さくら事務所 広報室:伊野瀬・川崎・田井
TEL 03-6455-0726 FAX 03-6455-0022
メールアドレス press@sakurajimusyo.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る