• トップ
  • リリース
  • SCHURTER(シュルター)の電気・電子部品の販売で優れた成績を達成

プレスリリース

アールエスコンポーネンツ株式会社

SCHURTER(シュルター)の電気・電子部品の販売で優れた成績を達成

(DreamNews) 2016年09月05日(月)17時00分配信 DreamNews

電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社は、世界有数の電気・電子部品メーカーであるSCHURTER Electronic Componentsから、優れた販売実績により表彰されたことを発表しました。

日本、2016 年9 月5 日 - 電気・電子部品、産業用部品の通信販売会社、アールエスコンポーネンツ株式会社(日本法人本社:神奈川県横浜市、代表取締役:横田 親弘)は、世界有数の電気・電子部品メーカーであるSCHURTER Electronic Components(シュルター、本社:スイス)から、優れた販売実績により表彰されたことを発表しました。

当社はSCHURTER と長年にわたるパートナーシップを築いており、回路保護用品、コネクター、EMC 製品、スイッチなど、さまざまなアプリケーションで使用される高精度で幅広い製品ラインアップを提供しています。

このたびの表彰は、サプライヤとの良好な関係を構築、維持する当社の継続的な取り組みを、SCHURTERに評価いただいたものです。本年度、当社が販売したSCHURTER製品は売り上げが向上しており、当社の戦略的アプローチが成長の加速と競争優位性の実現において効果的であったことの証明になると考えています。

SCHURTER の流通担当マネージャーであるマティアス・リシャー(Mathias Lischer)氏は、「アールエスコンポーネンツは引き続き、売上高および世界規模の顧客基盤という点において、高品質のサービスを提供する当社最大の販売会社です。また、当社製品およびブランドの市場投入における重要なパートナーであり、ヨーロッパおよびアジアのさまざまな市場における重要顧客に対して、取引範囲の拡大に貢献しています」と話しています。

SCHURTERの製品は、当社オンラインサイト「RSオンライン」(http://jp.rs-online.com)にてご購入いただけます。


●エレクトロコンポーネンツグループについて
本社所在地:英国
グループ :現地法人32カ国、販売地域80カ所、従業員数6,000人
売上高  :約12.9億ポンド
事業内容 :2,500におよぶサプライヤにより総計50万点の電気・電子部品から
      制御部品、機構部品などの工業用部品を幅広く販売している。

●アールエスコンポーネンツ株式会社について
本社所在地:神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134番地
      横浜ビジネスパークウエストタワー12階
代表取締役:横田 親弘(よこた ちかひろ)
資本金  :268,788,400円(英国Electrocomponents UK Limited 100%出資)
従業員数 :58名(2016年4月1日 現在)
事業内容 :工業用部品の輸入、購入及び販売、カタログ通信販売による
      上記の製品、器具及び部品のマーケティング、販売
ホームページ: http://jp.rs-online.com

「アールエスコンポーネンツ」と「アライドエレクトロニクス」(本社:米国)は、電子部品及びメンテナンス分野における商品とサービスを提供し世界を牽引する英国Electrocomponents UK Limitedの100%出資会社です。英国エレクトロコンポーネンツは32カ国で販売展開し世界100万人のお客様に対し半導体、オプトエレクトロニクス、計測器、工具、FA機器など計50万点以上の商品を提供しています。研究開発、試作、メンテナンス、修理など全ての製造工程をサポートする商品を豊富に取り揃え、グループ全体で、1日あたり4万4千件以上のご注文品を即日出荷にてお届けしております。

英国エレクトロコンポーネンツは、ロンドン証券取引所に上場。2015年度の売上高は、12.9億ポンドにのぼります。(2015年4月1日〜2016年3月31日までの一年間の売上高です。)

●一般の方からのお問い合わせ先
コールセンター(平日 9:00〜18:00)
TEL:045-335-8888

●本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR アールエスコンポーネンツ担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る