プレスリリース

Jinko Solar株式会社

ジンコソーラー2016年G20ビジネスサミット(B20)を出席

(DreamNews) 2016年09月02日(金)14時30分配信 DreamNews

2016年9月1日,太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(以下:同社)(NYSE: JKS)】は9月3−4日杭州で行うG20サミットの関連活動であるG20ビジネスサミット((略称“B20”)を出席すると発表した。

2016年9月1日,太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(以下:同社)(NYSE: JKS)】は9月3−4日杭州で行うG20サミットの関連活動であるG20ビジネスサミット((略称“B20”)を出席すると発表した。

基礎施設議題グループで唯一の新エネルギー業界の代表として、ジンコソーラーはB20が展開していた一連の活動で、各メンバーと積極的に協力し、特にどのようにエネルギーと電力など基礎施設領域で、グローバル革新協力を実現する対策を提案した。今年の「B20政策提言報告」(略称「報告」)をすでにまとめ、B20杭州サミットで正式にG20サミットに提出する。

ジンコソーラーはB20杭州サミットで基礎施設議題グループで新エネルギー業界の代表として、二つの議題を提出した。一つは「グリーン基礎施設の投資は世界経済の成長を牽引するエンジンになります」、も一つは「太陽光発電コストは火力発電コストより安いし、太陽光発電は化石エネルギー全面的に代わりになります」。

「グローバルの経済は挑戦を直面しています。エネルギー、環境、就職問題が全ての国に共通する課題です。どのように経済モデル転換の進路を探しますか、どうのように世界経済のバランス、持続可能な成長を実現しますか、どうのように全面的に伝統的な化石エネルギーに代わりに、太陽光発電など新エネルギー利用して製造業やインフラ業界の新たな成長ポイントとなり、複数の産業と協力して共に発展しますか。この問題の解決につきまして、ジンコソーラーが世界で最大の太陽光発電企業として、責任を逃れられません。」とジンコソーラー副社長銭晶がコメントした。

B20サミットは世界経済協力の重要なプラットフォーム、2010年設立から今まで、ずっと積極的に世界経済の持続的、安定成長を推進することに力を入れている。サミットでは、世界経済の発展過程での主要な問題点を検討し、ビジネス界の意見や提案を募集し、G20サミットに意見を提供する。今年のB20は「成長方式のイノベーション」「より効率的な世界経済・金融ガバナンス」「力強い国際貿易・投資」「包摂的・連動式発展の推進」について政策を提言する。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2016年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで3.5GW、太陽電池で3GW、太陽光発電モジュールで6GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電力を販売しており、2016年3月31日時点で、約1007MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続、稼働しております。
ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、マレーシア、ポルトガル、南アフリカに5つの生産施設、中国、スペイン、英国、UAE、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコに12の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリに11の海外子会社を持ち、従業員計1万5000人以上を雇用しております。

B20について
B20はG20枠組み内のビジネス界を中心とする活動で、各国政府が国際金融危機に対応するため設立した重要な世界的ビジネス協力枠組みだ。2016年のB20サミットは9月3-4日に杭州市で開かれる。習近平国家主席およびG20加盟国の首脳が出席し、国際ビジネス界の数百人のリーダーと交流し、世界経済の成長に向け協議する。B20の最も中心的な取り組み内容は、世界各国のビジネス界の提案をまとめ、協議を重ねた上で「B20政策提案報告書」を作成し、G20サミットに提出することで、G20各国の関連政策の制定に向け力強く提案することだ。今年のB20作業チームはG20の議題をめぐり、「金融で成長を促進」「貿易投資」「インフラ」「中小企業の発展」「雇用」「汚職撲滅」という6大議題を設定し、5つの作業チームを発足した。

2016年B20組織委員会事務局議題報告チームの孫暁チーム長によると、ダボス会議やボアオ・アジアフォーラムなど世界的な舞台でB20シンポジウムなどを開催することで、世界のビジネス界の4000人弱の代表者を関連する議論に招いた。報告書(草案)では、G20の指揮に関する革新、グリーン金融の発展の奨励、世界電子貿易プラットフォーム(eWTP)の構築、国際貿易・投資利便化の促進、ビジネス環境の透明度の向上など、20の重要な政策・建言および67の具体的な提案が挙げられた。

「セーフハーバーステートメント」
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

詳しい情報はhttp://www.jinkosolar.com/を参照。

住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る