• トップ
  • リリース
  • SBSトランスポート、脳MRI検診を全額会社負担で60歳以上のドライバーを対象に実施しました −「脳の健康管理」から従業員の安全確保と事故防止へ−

プレスリリース

SBSホールディングス株式会社

SBSトランスポート、脳MRI検診を全額会社負担で60歳以上のドライバーを対象に実施しました −「脳の健康管理」から従業員の安全確保と事故防止へ−

(DreamNews) 2016年08月26日(金)17時30分配信 DreamNews

SBSグループにおいて東京・神奈川を中心に輸配送、センター運営、引越・移転などの物流事業を担うSBSトランスポート株式会社(社長:鳥海昭夫、本社:東京都世田谷区)は、一般社団法人運転従事者脳MRI検診支援機構の助成制度を活用し、60歳以上のドライバーを対象とした「脳MRI検診」を7月から開始し、末日に全対象者の検診が完了しましたのでお知らせいたします。

SBSグループにおいて東京・神奈川を中心に輸配送、センター運営、引越・移転などの物流事業を担うSBSトランスポート株式会社(社長:鳥海昭夫、本社:東京都世田谷区)は、一般社団法人運転従事者脳MRI検診支援機構の助成制度を活用し、60歳以上のドライバーを対象とした「脳MRI検診」を7月から開始し、末日に全対象者の検診が完了しましたのでお知らせいたします。

 「脳MRI検診」とは、未破裂動脈瘤の発見に特化した新しい脳のスクリ−ニング検査です。脳卒中の中でも「くも膜下出血」は突然発症し予知することが困難なため、発症リスクを早期に発見し予防することが重要です。

 近年、自動車運送事業におけるドライバーの高齢化が進む中で、健康状態に関わる車両の事故・事案が数多く発生しております。当社では、このような健康起因事故防止のため、ドライバーの健康管理を強化する一環として、脳MRI検診を実施することにいたしました。

 検診は、60歳以上のドライバー35名を対象とし、1人2万円の費用を会社が全額負担することで、受診を義務付けました。所見のあったドライバーには、専門医の紹介をするほか、日常の点呼時に意識的に声掛けするなどして、継続的な体調管理を行っております。
■ご参考
<SBSトランスポート株式会社概要>
本社:〒154-0023 東京都世田谷区若林3丁目13番7号
代表者:代表取締役社長 鳥海 昭夫
設立:1945年(昭和20年)
親会社:SBSロジコム株式会社(100%)
資本金:8,000万円 (2015年12月末現在)
従業員数:324名 (2015年12月末現在)
事業所:東京・神奈川を中心に12拠点を設置
事業内容:法人・個人引越、オフィス移転、トラック輸送、物流センター運営、ルート配送、給食運搬、館内物流など
URL:http://www.sbs-transport.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社
IR・広報部 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp
※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る