• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所調査結果サマリー】国内インポートブランド市場に関する調査を実施(2016年) −インバウンドの恩恵を受け市場は拡大するも、2016年の先行きは不透明−

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所調査結果サマリー】国内インポートブランド市場に関する調査を実施(2016年) −インバウンドの恩恵を受け市場は拡大するも、2016年の先行きは不透明−

(DreamNews) 2016年08月26日(金)13時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のインポートブランド市場の調査を実施いたしました。

1. 調査期間:2016年4月〜7月
2. 調査対象:欧州、米国の衣料品・服飾雑貨、ウォッチ、ジュエリー、クリスタル製品・陶磁器、アイウェア、筆記具ブランドを輸入販売する商社、メーカー、小売業者、また各インポートブランドの日本法人等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2016年7月29日

<本調査におけるインポートブランド市場とは>
本調査におけるインポートブランド市場とは、従来から算出していたインポートブランド市場規模(主要10アイテム分野)に5アイテムを追加し、主要15アイテム分野とした。主要15アイテム分野とは、(1)「レディスウェア」、(2)「メンズウェア」、(3)「ベビーウェア」、(4)「バッグ・革小物」、(5)「シューズ」、(6)「ネクタイ」、(7)「スカーフ・ショール・ハンカチ類」、(8)「レザーウェア」、(9)「ベルト」、(10)「手袋」、(11)「ウォッチ」、(12)「ジュエリー」、(13)「クリスタル製品・陶磁器類」、(14)「アイウェア」、(15)「筆記具」である。尚、いずれも欧州、及び米国からの輸入品に限られる。

◆2015年の国内インポートブランド(主要15アイテム分野)市場規模は前年比7.6%増の2兆3,664億円と5年連続の伸長
◆アイテム別では好調なアイテムが多く、中でもインバウンド需要の恩恵の大きいインポートウォッチ、インポートジュエリーの伸び率が顕著
◆2016年の国内インポートブランド(主要15アイテム分野)市場規模はインバウンド需要の減速や中間層の消費減退の継続を見込み、一転して縮小を予測

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001575
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る