• トップ
  • リリース
  • Ve Japan株式会社 コールトラッキングの大手「ADgainer」との連携、電話応対での成果測定が可能に

プレスリリース

Ve Japan株式会社 コールトラッキングの大手「ADgainer」との連携、電話応対での成果測定が可能に

(DreamNews) 2016年08月30日(火)11時30分配信 DreamNews

Ve Japan株式会社(ヴィジャパン 本社:東京都千代田区 代表取締役:スベン・トーマス・オルソン)は、自社で提供するコンバージョン改善ソリューション「VePlatform」が、ADgainer Inc.(アドゲイナー 本社:東京都新宿区 代表取締役:スティーブ・ジョージソン)が提供するコールトラッキングサービスと2016年8月30日より連携したことをお知らせいたします。

アドゲイナーは電話でのトラッキングを可視化するコールトラッキングサービスを提供しており、日本でのアカウント数は既に2,500件以上まで増えております。

従来のVePlatformにおいては、電話応対による成果をオンライン上で測定できなかったため、クリエイティブ内への電話番号の掲載要望には成果報酬ではなく、固定費用を設定していました。しかし、アドゲイナーのコールトラッキングの機能を連携させることによって、電話応対時の成果測定が可能となります。もちろん、スマートフォン(モバイル)用クリエイティブにも対応しております。

電話の問い合わせが多いようなサイトにも、従来どおり成果報酬型でのサービスを提供できるようになるだけでなく、ユーザーにとってもよりサービス側企業に問い合わせしをしやすい体験を提供します。
■VePlatformに関して
Ve Platformは、オンラインのコンバージョン改善を提供する離脱ユーザーに特化してプラットフォームです。成果報酬のみというわかりやすい料金体系と数行のタグコードを埋め込むだけのシンプルな導入方法により、そのサービスは世界43か国で1.2万社以上に採用されています。Veが扱うデータ量は、世界中のECサイトの約15%の購入情報、1日あたりにして延べ1.2億人以上の購買行動データを扱うボリュームとなっています。Veサービスは1種類のタグコードの設定で、複数の効果的な離脱防止やリマーケティングのアプリケーションの利用や、リターゲティングや行動ターゲティングのディスプレイ広告を配信することができ、コンバージョン効果を高められます。

■提供機能
VeContact (ヴィコンタクト):
購入や登録手続き途中でサイトを離脱したユーザーに、カートに入っている商品情報のリマインドや、手続きのサポートを案内するメールを自動で配信します。

VePrompt(ヴィプロンプト):
ユーザーがサイトから離脱した際に、キャンペーンや割引情報を告知するクリエイティブを掲出し、サイトへの滞在を促しコンバージョンへ導きます。

VePanel(ヴィパネル):
VeContactやVePromptなどの機能を統合したパネル型メッセージングソリューションです。ユーザー行動と関連性が強い情報を表示することで、サイトへの滞在を促します。

※利用料金は初期費用や月額固定費は不要。コンバージョンに応じた成果報酬のみです。
※メールやポップアップのデザイン制作にかかる費用もVe Japanが負担します。

以上

■Ve Japan株式会社 会社概要
設立年月  : 2014年2月28日
資本金   : 10百万円  (2014 年 2月 28 日現在)
代表者名  : 代表取締役 スベン・トーマス・オルソン
本社所在地 : 東京都千代田区飯田橋4丁目7番1号
事業内容  : e マーケティング事業
URL    : http://www.veinteractive.com/jp/vejapan

■ADgainer Inc. 会社概要
設立年月  : 2011年8月4日
資本金   : 20百万円
代表者名  : 代表取締役 スティーブ・ジョージソン
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿7丁目17番7号
事業内容  : マーケティング事業
URL    : http://adgainer.co.jp/

《本件に関するお問い合わせ先》
Ve Japan株式会社 担当 河嶌(かわしま)
TEL:03-6265-6018 E-MAIL:info.jp@veinteractive.com

ADgainer Inc. 担当 藤本(ふじもと)
TEL:050-5845-5055 E-MAIL:jpnsales@adgainer.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る