• トップ
  • リリース
  • 夜景評論家が東京スカイツリーの夜景を初プロデュース! 『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R)』開催決定!

プレスリリース

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー

夜景評論家が東京スカイツリーの夜景を初プロデュース! 『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R)』開催決定!

(DreamNews) 2016年08月30日(火)09時00分配信 DreamNews

2016年8月3日(水)、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都/代表理事・丸々もとお)では、国内最高峰の展望台「TOKYO SKYTREE(R)」で、中秋の名月を彩る夜間イベントを初プロデュース。『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R)』と題し、“中秋の名月”の時期にあわせ、「月」をテーマに数々の夜間演出を行います。


(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都/代表理事・丸々もとお)では、
国内最高峰の展望台「TOKYO SKYTREE(R)」で、中秋の名月を彩る夜間イベントを初プロデュース。
『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R)』と題し、
“中秋の名月”の時期にあわせ、「月」をテーマに数々の夜間演出を行います。

開催期間は2016年9月1日(木)〜9月30日(金)。
今年の中秋の名月は、世界一高いタワーでご覧いただいてみてはいかがでしょうか。
日本夜景遺産に認定された極上の大パノラマ夜景とともに、
夜景のプロが監修した名月イベント&空間演出をお楽しみください。


『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R)』

(1)東京スカイツリー天望デッキ フロア350
「SKYTREE ROUND THEATER(R)〜奇跡の月」
展望台の窓を巨大スクリーンに仕立て、展望台から見る夜景を背景に迫力ある映像と臨場感溢れる音響の演出空間
「SKYTREE ROUND THATER(R)」において、「月」をテーマにした新コンテンツ「奇跡の月」を上映します。
様々な月の表情をはじめ、月にまつわる現象、世界各地で望む様々な月、
日本の季節を含めた美しい情景を映像で紹介します。

(2)東京スカイツリー天望回廊での演出

地上450メートルの天望回廊では、より月の魅力を感じられる演出「パワームーン」を開催します。
壁面に月の満ち欠けを表すグラフィック展示「ムーンロード」や、
ススキや行灯を設置して月へと誘われる演出を行います。
また、最高到達点451.2メートルの「ソラカラポイント」では、横約2.2メートル、縦約1.5メートルの範囲に
人工的に発生させた霧のスクリーンに様々な月の映像を投影。
まるで本物の月に触れるかのような体感ができます。

【イベント開催概要】
■企画名称
『Special Autumn Moon Nights Event in TOKYO SKYTREE(R) Produced by MOTOO MARUMARU』
■実施期間
2016年9月1日(木)〜9月30日(金)毎日開催
■時間
(1)東京スカイツリー天望デッキ フロア350
「SKYTREE ROUND THEATER(R)〜奇跡の月」
19:30/20:15/21:00(各回約3分)
(2)東京スカイツリー天望回廊 フロア445・450、ソラカラポイント
「パワームーン」
19:00〜営業終了まで
※展望台の営業時間は8:00〜22:00(最終入場21:00)
■入場料金
天望デッキは大人(18歳以上)2060円、中人(高校生、中学生)1540円、小人(小学生)930円、幼児(4〜5歳)620円
天望回廊は大人(18歳以上)1030円、中人(高校生、中学生)820円、小人(小学生)510円、幼児(4〜5歳)310円

■会場
東京スカイツリー(東京都墨田区押上1-1-2)内
東京スカイツリー天望デッキ フロア350
東京スカイツリー天望回廊 フロア445・450、ソラカラポイント

■イベントに関するお問い合わせ
0570-55-0634(東京スカイツリーコールセンター)
■総合プロデューサープロフィール
丸々もとお(MOTOO MARUMARU)               
 夜景評論家・夜景プロデューサー
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事

 1965年生まれ。92年『東京夜景』上梓。
日本で唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始め、「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などをベースに評論するなど、夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組む。執筆活動のほか、ホテルプラン、店舗プロデュース、不動産コンサルティング、雑誌、TV、ラジオ、講演、インターネット等で活躍中。夜景に関する著書は40冊以上。近著に、「亜細亜ノ夜景」(河出書房新社)、「絶対に見たい!美しい世界の夜景」(宝島社)などがある。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、広島市、広島県等の夜景観光アドバイザーを歴任。夜景検定(夜景鑑賞士検定)、イルミネーション検定の総監修。東京ドイツ村・奧日光湯元温泉冬まつり、小倉イルミネーション等の大規模イルミネーションのプロデュースも手がけ、集客に成功している。
受賞歴等:かながわ観光大賞等・ギネス世界記録保持者(世界最大の光の地上絵)・ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使等。




<記事の内容に関するお問い合わせ>
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)
会社所在地:東京都中央区勝どき1-13-6 プラザタワー勝どき3412
TEL:03-6204-0115 FAX:03-6204-0112 HP:http://yakei-cvb.or.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る