• トップ
  • リリース
  • gii.co.jp 「赤外線分光器の世界市場 〜2022年:スペクトル感度 (近赤外線、中赤外線、遠赤外線)・製品種類 (卓上型、超小型、携帯型、複合型)・産業・地域別」 - 調査レポートの販売開始

プレスリリース

株式会社グローバル インフォメーション

gii.co.jp 「赤外線分光器の世界市場 〜2022年:スペクトル感度 (近赤外線、中赤外線、遠赤外線)・製品種類 (卓上型、超小型、携帯型、複合型)・産業・地域別」 - 調査レポートの販売開始

(DreamNews) 2016年08月23日(火)16時00分配信 DreamNews

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「赤外線分光器の世界市場 〜2022年:スペクトル感度 (近赤外線、中赤外線、遠赤外線)・製品種類 (卓上型、超小型、携帯型、複合型)・産業・地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を8月23日より開始いたしました。

2016年08月23日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「赤外線分光器の世界市場 〜2022年:スペクトル感度 (近赤外線、中赤外線、遠赤外線)・製品種類 (卓上型、超小型、携帯型、複合型)・産業・地域別」の販売をいたしております。

【 商品情報 】
赤外線分光器の世界市場 2022年までの予測:スペクトル感度 (近赤外線、中赤外線、遠赤外線)・製品種類 (卓上型、超小型、携帯型、複合型)・産業・地域別
IR Spectroscopy Market by Spectrum Sensitivity (NIR, Mid IR, & Far IR), Product Type (Benchtop, Micro, Portable, & Hyphenated), Vertical (Biological, Pharmaceuticals, Chemicals, Food & Beverages, Environmental), & Geography - Global Forecast to 2022
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2016年08月18日
● ページ情報: 135 Pages

当レポートでは、世界の赤外線分光器 (IR分光器) 市場について分析し、市場の基本的構造や最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場動向と今後の見通し (過去2年間・今後7年間分)、製品技術別 (スペクトル感度別)・製品種類別・産業別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、今後の技術開発・市場発展の方向性、主要企業のプロファイルなどを調査・考察しております。

第1章 イントロダクション
第2章 分析手法
第3章 エグゼクティブ・サマリー
第4章 市場概要
第5章 赤外線分光器の世界市場:製品技術別
第6章 赤外線分光器の世界市場:製品種類別
第7章 赤外線分光器の世界市場:産業別
第8章 赤外線分光器の世界市場:地域別
第9章 競争環境
第10章 企業プロファイル

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/mama367404-ir-spectroscopy-market-by-spectrum-sensitivity-nir.html
レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る