• トップ
  • リリース
  • マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、プレミックス市場について調査結果を発表

プレスリリース

株式会社総合企画センター大阪

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、プレミックス市場について調査結果を発表

(DreamNews) 2016年08月17日(水)18時00分配信 DreamNews

2015年度のプレミックス市場は、業務用が921億円、家庭用は397億円の微増推移となった。業務用プレミックスは、天ぷら粉や唐揚げ粉といったフライ系ミックスの需要が堅調。一方、家庭用プレミックスは減少傾向にあるものの、消費者の生活防衛意識から内食機会が増加している。当資料では、プレミックス市場について、分野別及び用途別の市場規模、企業別シェア、商品展開状況などを調査している。

概要
◆2015年度のプレミックス市場は微増推移となった。分野別でみると、業務用が921億円で約7割を占める。家庭用は397億円となっている。

◆業務用プレミックスは、無糖ミックスが加糖ミックスの落ち込みをカバーし、前年を上回った。揚げ物は外食店や中食惣菜におけるニーズが高く、天ぷら粉や唐揚げ粉といったフライ系ミックスの需要は堅調である。同市場は今後も、毎年2%前後の成長が見込まれる。背景には、外食産業や小売産業で人手不足が深刻化するなか、調理オペレーションの簡略化を図るためプレミックスを活用する動きが拡大していることがある。

◆一方、家庭用プレミックスは時短・簡便調理ニーズの高まりや少子高齢化などが影響し、減少傾向にある。しかし、実質所得が伸び悩むなか、消費者の生活防衛意識が高まり、内食機会が増加している。そのため各社は、簡便性を高めた新商品の投入や店頭販促活動、広告展開、消費者キャンペーンを行い、需要喚起を図っている。こうした取り組みが奏功し、2016年度以降はプラス推移となる見通し。

◆当資料では、今後の成長が見込まれるプレミックス市場について、分野別及び用途別の市場規模、企業別シェア、商品展開状況を調査分析。さらに、主要企業のプレミックス事業の動向についてレポートしている。
TPC市場調査レポート
「2016年 プレミックスの市場分析調査」
―中食惣菜向けのフライ系ミックスが市場を牽引―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110160311
資料体裁:A4判 158頁
発 刊 日:2016年8月17日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版

【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る