プレスリリース

HyperX、ゲーミングヘッドセットの売上100万本を突破

(DreamNews) 2016年08月10日(水)13時00分配信 DreamNews

この度、KingstonのゲーミングブランドHyperXは、ゲーミングヘッドセットの全世界売上本数が100万本に達したことを発表いたします。

世界最大の独立系メモリモジュールメーカー Kingston TechnologyのゲーミングブランドであるHyperXは本日、ゲーミングヘッドセットの全世界売上本数が100万本に達したことを発表いたします。HyperXは2014年4月に最初のゲーミングヘッドセットとしてHyperX Cloudを発売しました。それから2年と4ヶ月の時をかけて、シリーズは累計100万本の売上を達成し、現在世界中6大陸80カ国1万以上の店舗で販売されるまでに至りました。
元祖”Cloud”を発表してから2年間、HyperXはCloudシリーズのラインナップを拡充してきました。現在カラーバリエーションモデルを含めてそのラインナップは10モデルを数え、これからもより優れた製品を追加する予定です。HyperX Cloudシリーズはこれまで、米PC誌「PC Gamer」によるBest Gaming Headsetの受賞をはじめとした各国多数のメディアから数々の評価を得てきました。日本国内ではAmazon.co.jpにてPC用ヘッドセット及びPS4向けヘッドセットのカテゴリにおいて売れ筋ランキングの10位以内に多数のHyperX製品がラインナップされています。また、最前線で活躍するゲーマーからの評価も高く、世界中数多のeスポーツチームがCloudシリーズを身につけて戦っています。
昨今のHyperXの動向として、6月にHyperXはブランド初となるXbox(R) Oneの公式認定を取得したヘッドセットHyperX CloudXTMを発売しました。更にグローバルでは今秋発売予定のFPSタイトルGears of War 4の発売に先立って、HyperX Cloud Revolverを真紅に染め上げたコラボレーションモデル HyperX CloudX Revolver Gears of War を9月に発売する予定となっております。

APAC地域 HyperX販売部門ディレクター アン・バイより:
「ヘッドセット100万本の売上という目標をこのような短期間に達成できたことを私達は非常に喜ばしく思います。
2014年に最初のヘッドセットを発売して以来、私達はゲーマーの皆様がその時々で望む業界標準の性能とクオリティを実現するべく、デザインを進化させ続けてきました。
現在、コンペティティブ(競技的な)ゲームとカジュアルゲーム両方を含めたゲーム人口はPC、コンソール、モバイル機器等のプラットフォームを問わず拡大を続けています。私達は新たなプラットフォームのユーザーにも、Cloudシリーズが持つ一段上のサウンドと快適性を提供していくことが今後の発展の鍵だと考えています。
私達の挑戦はこれからも続きます。」

HyperXの関連情報:
YouTube:https://www.youtube.com/HyperXJP
Facebook:https://www.facebook.com/KingstonBlogFansClub.en

HyperXについて:
HyperXは、高速DDR3/DDR4メモリ、SSD、USBフラッシュ・ドライブ、ヘッドセットなどを扱う、Kingston Technologyのハイパフォーマンス製品部門です。ゲーマー、オーバークロッキング愛好家、熱心なファンを対象とするHyperXは、品質、パフォーマンス、イノベーションで世界的に知られています。HyperXはeSportsにコミットしており、 世界30以上のチーム を後援し、 Intel Extreme Masters. のメインスポンサーを務めています。HyperXは、 China Joy, PAX, Davao Cyber Expo, TGS & Big Fest など、多数の展示会などで見かけることができます。
詳しくは、 HyperX公式ホームページ をご覧ください。

**************************************
●報道関係の問い合わせ先
Kingston Technology 日本広報エージェンシー
株式会社マイルストーン
日下 弘樹(Kusaka Hiroki)
TEL: 03-3864-3761
E-mail: kusaka@milestone-net.co.jp
**************************************


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る