• トップ
  • リリース
  • 「秋冬物前線」発表 〜残暑厳しく「秋冬物前線」南下遅れる見通し〜

プレスリリース

株式会社ライフビジネスウェザー

「秋冬物前線」発表 〜残暑厳しく「秋冬物前線」南下遅れる見通し〜

(DreamNews) 2016年08月10日(水)13時00分配信 DreamNews

 株式会社ライフビジネスウェザー(本社・東京都中央区、代表取締役・石川勝敏、以下LBW)のビジネス気象研究所は、2016年8月10日、「秋冬物前線」の南下見通しを発表しました。この先も、秋に発生すると予想されるラニーニャ現象などの影響で気温が高く、残暑が厳しいでしょう。おでんやマスク、ボディローションクリームなどが売れ始める「秋冬物前線」の到来は、過去3年の傾向より2〜3週間ほど遅くなりそうです。

LBWのビジネス気象研究所では、過去3年間の全国のPOSデータと気象の関係から、秋冬物の売れ始める時期を「秋冬物前線」として分析しました。その結果、お盆を過ぎて最高気温が30を下回る頃になると、おでん前線が、25前後になると湿度の低下とともにマスク前線やボディローションクリーム前線が北から南下することが分かりました。この先も全国的に残暑が厳しく、また秋にはラニーニャ現象が発生する見通しから、9月10月の気温も全国的に高めで、秋の深まりはゆっくりでしょう。秋冬物前線の南下は、過去3年の傾向に比べて2〜3週間ほど遅めになりそうです。おでん前線が北日本から南下を始めるのは9月に入ってから、東・西日本に到達するのは9月半ば頃でしょう。マスク前線の南下は北日本で9月下旬、東・西日本は10月に入ってから、ボディローションクリーム前線の南下は北日本でも10月に入ってからとなりそうです。ここ2年は西日本中心に8月の気温が低く、早めに秋が訪れていたことから、秋冬物前線も早めの南下でしたが、今年は3年ぶりに遅めの南下となるでしょう。


2014年と2015年の8月は西日本で気温が低く、比較的早く秋を迎えました。今年は猛烈な暑さに見舞われており、2013年以来の猛暑となっています。2013年、2014年、2015年の秋冬物の販売傾向を調べたところ、やはり2014年と2015年は早めに販売個数が増えていたのに対し、2013年は売り上げがなかなか伸びず、売れ始めの時期は2週間ほど遅めとなっていました。例としてある地域のマスクの販売個数と最高気温(週平均)を見てみると、マスクは最高気温が25前後まで下がると湿度の低下とともに売り上げが伸びることが分かり、2013年のマスク前線到達(売れ始め)は40週(10月初旬)、2014年は39週目(9月下旬)、2015年は38週目(9月中旬)でした。
掲載サイト
生活気象ラボ〜季節スイッチ予報します〜
http://lab.lbw.jp/index.html
<お問い合わせ先>
株式会社ライフビジネスウェザー ビジネス気象研究所 
E-mail:contact@lbw.jp TEL:03-3668-6141  FAX:03-3668-6145


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る