• トップ
  • リリース
  • ams、NFCおよびRFIDリーダー製品群を売却し、センサソリューション事業への取り組みを強化、センサ関連ワイヤレス事業は維持

プレスリリース

ams、NFCおよびRFIDリーダー製品群を売却し、センサソリューション事業への取り組みを強化、センサ関連ワイヤレス事業は維持

(DreamNews) 2016年08月03日(水)09時00分配信 DreamNews

センサソリューションの事業戦略実行のため、NFCおよびRFIDリーダーのワイヤレス製品群をSTマイクロエレクトロニクスに売却 一部のワイヤレス製品と次世代センシング用IPについては事業を継続

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都品川区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、NFCおよびRFIDリーダーのIP、技術、および製品群をSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM)に売却する合意書に署名しました。売却金額は前金で7,930万米ドル(約7,150万ユーロ)、それに加え将来の業績に応じて最高3,700万米ドルが実質的に繰り延べアーンアウト(追加支払い)となります。この取引によって、amsはセンサソリューションを提供する世界の最先端企業として非常に重要な新しい一歩を踏み出します。amsは、センサ関連のNFC/RFIDタグ事業とそれに関する設計機能については引き続き維持することで、ワイヤレスIoTセンサソリューションを創出し、今後のセンサノードをサポートします。

今回の取引は、センサソリューション戦略の実施という明確な意図をもって、技術ポートフォリオを積極的にマネージメントするという、現在進行中の取り組みの一環です。この売却は、amsのNFCフロントエンドおよびアンテナ・ブースト・ソリューションを含むNFC関連資産と、HF/UHF帯RFIDリーダー関連の総合資産で構成されています。この事業に関わる設計およびマーケティング要員の大半は、オーストリアのプレムシュテッテンとスロベニアのリュブリャナを拠点としており、そのうち約50名の従業員がSTマイクロエレクトロニクスに移籍することになります。amsはNFC/RFIDワイヤレスタグ事業と関連IPについては引き続き維持し、NFCとRFIDの接続インターフェースとセンサのポートフォリオとを連携した、IoTアプリケーション向けワイヤレス・センサソリューションの創出を計画しています。

今回の取引は、監督省庁の承認を必要としないため本日をもって完了する予定です。amsは、2016年8月1日以降、本取引の範囲となる事業を連結の対象外とします。

ams、CEO、アレクサンダー・エヴァークの今回の取引についてのコメント。「RFID/NFC製品群の一部を売却したことにより、私たちの製品および技術ポートフォリオは、中核であるセンサソリューション能力を軸として合理化され、高性能ワイヤレスIPの価値は最大化されました。私たちは、技術ポートフォリオの積極的な運用と、センサソリューション戦略のさらなる推進に最も関連性の高い機会に集中することに全力を注ぎます。この取引は、amsがセンサソリューションの提供によって世界の主要市場すべてにおいて最先端企業となる途上にある、次の戦略的なステップなのです」

ams広報担当:神谷
Tel: 03-5269-1038
Email:ams@jspin.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る