プレスリリース

株式会社オークネット

中国にて中古車オークション会社に出資、および業務提携

(DreamNews) 2016年07月29日(金)17時30分配信 DreamNews

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝)は、100%子会社であるAucnet HK Limited(本社:中華人民共和国香港特別行政区、代表取締役社長:藤崎慎一郎)から、中国の中古車オークション会社の拍車鴨(北京)科技有限公司(本社:中国北京市、董事長:張聖)に出資、業務提携しました。

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、100%子会社であるAucnet HK Limited(本社:中華人民共和国香港特別行政区、代表取締役社長:藤崎慎一郎)から、中国の中古車オークション会社の.拍車鴨(北京)科技有限公司(本社:中国北京市、董事長:張聖、英語表記:Auto Auction Duck Ltd. 、以下「オークダック」)に出資し、中古車検査基準の策定・研修事業や今後の中古車販売店支援事業において、業務提携の合意契約を締結しました。なお、2016年7月27日よりオークダックの事業を開始しております。

中国の中古車市場は、近年の新車販売の増加に伴い中古車販売も増加傾向にあります。2014年11月には中古車販売店による、中国初の全国組織、全国工商聯汽車経銷商商会二手車行業発展委員会(中華全国工商業連合会・自動車販売業連盟・中古車産業発展委員会、略称:「工商連中古車協会」)が発足しました。また今年3月には中国国務院(中央政府)が、中古車市場の発展のため、各地方政府による中古車流入規制制度の撤廃や、流通プラットフォームの構築を求める内容を含む、意見書を発表したことなどから、今後は中古車オークションによる全国的な流通量が増加するものと予想されます。

オークダックは、現車オークション会場のような設備や会場応札システムは持たず、スマートフォンアプリをオークション流通のプラットフォームとして利用する次世代のシステムを導入しています。北京、大連、瀋陽の3都市にて出品を開始し、順次全国30都市に拡大する予定です。出品・成約促進は、工商連中古車協会の幹部理事企業8社を含む、各地域の大手中古車販売店70社と協力関係を構築、また落札促進については、当初より会員店約200社を集めることでオークション活性化を図ります。なお、グランドオープンとなった7月27日の第1回オークションでは出品168台を集め、成約45台(成約率26.7%)の結果となりました。

オークネットは、日本においてインターネットによるオークション流通プラットフォームの構築、及び中古車両検査に強みを持っており、創業からの30年間で培ったこれらのノウハウをオークダックに提供しつつ、中国における中古車オークションの浸透と車両検査基準の統一を目指し、将来の事業拡大を狙います。
〔中国の中古車市場について〕
中国では、昨年2015年に約2,400万台の新車が販売されており、車両保有台数が近年急激に伸びています。中古車販売台数は新車販売台数より少なく、流通は発達途上であるものの、乗り換え需要の高まりにより、今後中古車流通の増加が見込まれています。
-2015年度 中国新車販売実績        約2,400万台
-2015年度 中国の中古車名義変更台数       約900万台
-2015年末時点での中国の自動車保有台数  約1億7,000万台(世界2位)


〔出資会社の概要〕
1. 会社名  拍車鴨(北京)科技有限公司
2. 所在地  中国北京市台区
3. 設立年月 2016年1月
4. 資本金  1500万人民元(約240百万円)
5. 代表者  張聖 董事長
6. 事業内容 中古車オークション事業、および中古車販売店支援事業

■本件に関するお問い合わせ  ------------------------------------------------------------
株式会社オークネット 経営企画グループ 広報担当  藤崎 真弘・降旗 佳奈枝・佐藤 秋佳
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る