• トップ
  • リリース
  • ZUU、ソーシャルトレーディングアプリ”Spiking"を運営するAly Pte. Ltd.へ出資 〜アジアにおけるFinTech事業拡大を狙い〜

プレスリリース

ZUU、ソーシャルトレーディングアプリ”Spiking"を運営するAly Pte. Ltd.へ出資 〜アジアにおけるFinTech事業拡大を狙い〜

(DreamNews) 2016年07月26日(火)10時00分配信 DreamNews

資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUUは、2016年7月25日に子会社ZUU Singapore Pte. Ltd.を通じて、シンガポールに本社を構えるソーシャルトレーディングアプリ”Spiking"の運営会社、Aly Pte. Ltd.に出資を行いましたことをお知らせします。本出資によりアジアにおけるFinTech事業拡大を狙います。

資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUU(本社:東京都目黒区、代表取締役社長兼CEO:冨田和成、以下「当社」)は、2016年7月25日に子会社ZUU Singapore Pte. Ltd.を通じて、シンガポールに本社を構えるソーシャルトレーディングアプリ”Spiking"の運営会社、Aly Pte. Ltd.に出資を行いましたことをお知らせします。
同社は”Spiking"を通じて、8,000人を超える”Sophisticated Investor”(多額の株式投資を行う著名投資家)のシンガポール株式における投資動向情報を、タイムリーに一般個人投資家に公開するサービスを提供しています。
加えて、シンガポールの全9証券会社と提携することで、同アプリ内で口座開設から取引、管理まで、証券取引における全ての手続きを完結させることもできます。「どの著名投資家がどの銘柄に投資をした」、「どの上場会社の経営陣が自社株式の売買をした」等、一般個人投資家が興味を持ちそうな情報を自動配信することで、同投資家の投資への関心を高め、そして、実際に投資を行う場合には同アプリ内で極めてスムーズに株式売買を完結することができます。
今後、同様のサービスを香港、オーストラリア、インド、米国等で展開していく予定です。

今回の出資により、当社は、シンガポールを中心としたASEAN諸国における金融ネットワークにより深く関与することができ、当社のアジアにおけるFinTech事業の展開を更に加速することができます。
加えて、今後は、当社の技術やネットワーク、ZUU onlineを3年弱で月間300万人の来訪者に育てたノウハウ等を、Aly Pte. Ltd.ともシェアし、同社の更なる成長につなげて参ります。

<Aly Pte. Ltd.について>
会社名:Aly Pte. Ltd.
本社:シンガポール
CEO:Clemen Chiang
創業:2012年1月
サービス名:Spiking
URL:https://www.spiking.com

<株式会社ZUUについて>
資産運用の専門家と資産家の間にある情報の非対称性の解決を目指し、月間ユーザーが250万人を超える日本最大級の金融・経済メディア「ZUU online」をはじめ、特定株の株価に影響する情報のみを独自のアルゴリズムで提供する資産運用ツール「ZUU Signals」等を運営しています。また、金融機関のFinTech化を展開する「FinTech推進支援室」によるコンサルティングサービスを提供しています。
会社名:株式会社ZUU(英語表記:ZUU Co.,Ltd.)
所在地:東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F
代表者:代表取締役社長兼CEO 冨田 和成
設立 :2013年4月2日
事業内容:投資家向け投資支援ソリューション「ZUU Signals」
     金融経済メディア「ZUU online」「FinTech online」「DAILY ANDS」等
     資産アドバイザーマッチングプラットフォーム「ZUU Advisors」
     金融専門家向け支援プラットフォーム「ZUU Advisors Support」
     金融/不動産WEBマーケティング総合支援サービス
URL:http://zuu.co.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
企業名:株式会社ZUU
担当者名:権藤
TEL:03-4405-9086
Email:info@zuuonline.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る