• トップ
  • リリース
  • 日本M&Aセンター 2018年3月卒業向けの学生インターン募集【M&Aアドバイザリーワーク体験サマーインターンシップ】

プレスリリース

株式会社日本M&Aセンター

日本M&Aセンター 2018年3月卒業向けの学生インターン募集【M&Aアドバイザリーワーク体験サマーインターンシップ】

(DreamNews) 2016年07月25日(月)18時00分配信 DreamNews

株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅卓)は、2018年3月卒業向けの学生インターン【M&Aアドバイザリーワーク体験サマーインターンシップ】を2016年7月16日より募集しています。

日本M&Aセンターは、企業の存続と発展を目的とした友好的M&Aの仲介を業務とする独立系M&Aコンサルティング会社です。全地方銀行9割、信用金庫7割、660の会計事務所等と提携し、累計3,000件以上のM&A支援実績を誇ります。今回募集するM&Aアドバイザリーには高い知的好奇心、分析力、問題発見能力、思考体力などが必要とされます。投資銀行やコンサルティングファームを志望している方など、自身の力を試したいと考えている方やM&Aに興味のある方からのエントリーをお待ちしております。
2018年3月卒業向けの学生インターンを募集の詳細は、以下URLをご参照ください。
http://gaishishukatsu.com/company/1439
<日本M&Aセンターの特徴>
・東証一部上場の完全独立系M&Aブティックファーム
・事業領域はM&Aバイサイド、セルサイドの両サイドを支援
・最近ではクロスボーダーでの海外M&A支援に注力
・上限の無いインセンティブ、成果が確実に反映される報酬制度


<インターンシップ概要>
選考直結型のインターンシップです。座学、ケースワーク、プレゼンテーションを通じて
M&A業務を体感していただきます。また、希望者はその後選考に進んでいただきます。
1.M&A業務に関する座学(企業評価、戦略立案などM&Aに必要な知識)
2.ケースワーク(個人ワークとグループワーク)
3.プレゼンテーション(現場の社員がしっかり評価します)
4.社員との交流(ランチや懇親会などを通じた座談会、交流会を予定)


<応募資格>
・2018年度卒業の大学、大学院生


<場所>
 ・東京本社(東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階)


<期間>
・第1ターム 9月6日(火)、7日(水)
・第2ターム 9月27日(火)、28日(水) 
各ターム2日間のプログラムになります。


<待遇>
・交通費支給
・遠方からお越しの方は宿泊費を支給


<エントリー方法>
http://gaishishukatsu.com/recruiting_info/view/1694からエントリーください
・選考は原則エントリーフォームにある設問にて行います
・webテスト、筆記試験、面接はございません
※エントリーフォームには3つの質問が設置されています
※仕事に対する価値観や思いと、学生時代に熱中したことを回答下さい
・インターンの日程及び募集人数が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


【M&Aアドバイザリーワーク体験サマーインターンシップに関するお問い合わせ】
担当:2018新卒採用サマーインターンシップ担当係
ウェブからのお問い合わせ:https://www.nihon-ma.co.jp/action/contact/
※ご質問等は、e-mailにて承ります。


=====================================
【株式会社日本M&Aセンター】概要
■社名:株式会社日本M&Aセンター
■設立: 1991年4月
■所在地:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階
■電話: 03-5220-5454(代表)
■代表者:代表取締役会長 分林 保弘
    代表取締役社長 三宅 卓
■事業内容 M&A(企業譲渡・譲受)支援業務
■ホームページ: https://www.nihon-ma.co.jp/
■日本M&Aセンターの特徴:
・中堅・中小企業のM&A支援実績は業界No.1の累計3,000件。
・東証一部上場、M&A専門コンサルタント200名体制。
・企業の「存続と発展」を目的とした友好的M&Aを全国で支援。
・全国の地方銀行9割、信用金庫7割、660の会計事務所等と提携し、M&A情報ネットワークを構築



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る