• トップ
  • リリース
  • 世界一美しい眠り〜「ミス・ワールド・ジャパン2016」ファイナリストが決定!ファイナリストには“睡眠学”カリキュラムを実施!〜

プレスリリース

株式会社大和屋ふとん

世界一美しい眠り〜「ミス・ワールド・ジャパン2016」ファイナリストが決定!ファイナリストには“睡眠学”カリキュラムを実施!〜

(DreamNews) 2016年07月21日(木)10時00分配信 DreamNews

世界最大規模のミスコンテスト「ミス・ワールド・ジャパン2016」の31名のファイナリストが決定!ファイナリストは7月26日(火)に、正しい睡眠の知識とテクニックを学ぶ「睡眠学」の講習を受講します。

株式会社大和屋ふとん(本社:東京都町田市、代表:齊藤淨一)の運営するオーダーまくらと寝具の専門店「まくらぼ」では、2016年7月26日(火)に世界最大規模のミス・コンテスト「ミス・ワールド・ジャパン2016」ファイナリストに向けた「睡眠学」講習を行います。
■31名のミス・ワールド・ジャパン2015ファイナリストが決定

「ミス・ワールド」は64年にわたって毎年開催されている参加国数最多を誇る世界最大規模のミス・コンテストです。
ミス・ワールド・ジャパンは先日ファイナリストを発表しました。

今回発表されたのは、井嵜 綾、石田 瑠美子、岩崎 千慧、沖 知子、奥川 玲奈、如月 さえ、木村 友香、宮藤 あどね、栗山 千加、黒木 莉恵、木暮 真理、小森 しずか、佐野 加奈、鈴木 早紀、高石 明日香、土田 彩花、角田 聖奈、利波 里奈、鳥辺 美圭、永島 美穂、中武 夢未、ヌーゾーマリア恵、林 真由、藤田 かんな、古田 汐里、槙野 美里、真島 なおみ、山下 ひまわり、山本 由佳、吉川 プリアンカ、ロバートソン 夏妃の計31名(あいうえお順)。
■睡眠のスペシャリスト「まくらぼ」が睡眠学の講習会を実施

「まくらぼ」は2016年から「ミス・ワールド・ジャパン」の公式スポンサーとなっており、同コンテンストではパートナーシップの一環として美容の効果を高める睡眠学のカリキュラムを導入し、ファイナリストらが「より良い睡眠」に関する知識を深め、美との関連性を学ぶことになっています。「睡眠学」はあまり馴染みのない言葉ですが、「正しい睡眠の知識を身に着けて美容に役立てよう」というカリキュラムです。

「まくらぼ」では、既に店内ポスターなどに準ミス・ワールドで2015年の日本代表、石黒エレナを起用し展開しています。
■世界一美しくなるための眠り

ミス・ワールドのスローガンは「目的のある美」となっており、美貌のほかに知性や個性も選考の基準となります。今回の睡眠学講習では、「まくらぼ」のスタッフがファイナリストに対し、美容に良い効果をもたらす正しい睡眠のテクニック「眠テク」や、睡眠の知識を教えることになっています。

ファイナリストは美肌を保ち肌を再生するのに必要なホルモン分泌を促す睡眠方法、睡眠の質を向上させ体を痩せやすくもしてくれる成長ホルモンを分泌しやすくする体温コントロール、肌荒れの原因となる活性酸素を効果的に除去するための睡眠テクニックなどを学ぶ予定となっています。

■世界一の美をサポートする「まくらぼ」のオーダーまくら

今回睡眠学の講習を行う「まくらぼ」は、全国11店舗を展開するオーダーまくらと寝具の専門店。寝具専門店としては異例の代官山への出店も行っています。

主力商品であるオーダーまくらは、実際に店舗でユーザーの体型を測定して高さや硬さを調整する最高級まくらです。研修を受けたプロフェッショナルなスタッフが、内容量を調整可能な8つのポケットに業界最多10種類の素材から選べる中材を入れて調整します。 「ミス・ワールド・ジャパン2016」のファイナリストは「まくらぼ」のオーダーまくらを使用し、世界一の美を目指します。
例えば、暑さで寝辛くなるこのシーズン、睡眠不足は美容の大敵です。

暑さとムシムシした空気で眠れない、寝ても疲れが取れないといった、この時期ならではの眠りの質の低下を防ぐための睡眠学のテクニック「眠テク」は下のような形になります。

■キーワードは「深部体温コントロール」

人間の体温には体の表面の温度「皮膚温」と、体の奥深くの体温「深部体温」があります。深部体温は人間の活動によって1日の間に大きく変化していて、深部体温が下がるときに人は眠くなります。
「寝苦しさ対策のためには体を冷やしたほうが良い」と考える人もいますが、実は眠りにつく1時間前にぬるめのお風呂やシャワーなどで一時的に体温を上げる方が効果的です。体温を一旦上げると、その後急激に深部体温が下がることになり、眠り初めの眠りの質を上げることができます。

また、起きてから11時間後に行う軽い運動も効果的です。例えば朝7時に起床した日は、夕方の6時頃にウォーキング、ストレッチ、ジョギングなどの軽い運動を行うことで睡眠中の成長ホルモンの分泌が増え、結果的に睡眠の質が向上します。成長ホルモンは糖分と脂質の代謝にも働くため、痩せやすくなるという嬉しい副次効果もあります。

■部屋の温度や湿度を一定に保つ

寝苦しい夜に部屋の温度や湿度を調節するエアコンは強い味方になりますが、高い眠りの質を実現するためには使い方にコツがあります。

タイマー機能を使い寝はじめの時間と起床タイミングだけエアコンが入るようにする方もいますが、実は寝苦しい夜ではエアコンはつけっぱなしにして温度を一定に保つほうが効果的です。またエアコンは連続運転中よりも使い始めに電力を使うため、省エネの観点からもつけっぱなしにしておいたほうが良いというデータもあります。

■明るさをコントロール

人間が目から感じる「明るさ」の刺激は、睡眠の質に直結するホルモン「メラトニン」に敏感に作用するため、明るさのコントロールも大切です。

日本をはじめとするアジアの文化圏では、青を含む強い光を発する蛍光灯が多く使われており、また部屋の全体を照らす「全般照明」という方式で取り付けられていることがほとんどです。

この強い光は日常生活でものをよく見る上で助かるのですが、睡眠前には脳を刺激してしまいメラトニンの生成を妨げてしまいます。できれば眠る1〜2時間前からは蛍光灯などは浴びないようにして、オレンジ色の電球色で、部屋の一部だけを照らすスタンドランプのような「局部照明」で過ごすようにすると効果的です。



《当イベントでは、メディア取材を受け付けます。》
日時: 2016年7月26日(火)19時〜20時30分
場所:Hikarie カンファレンス (〒150-8510 渋谷区渋谷2-21-1 Shibuya Hikarie 11F)
内容:「ミス・ワールド・ジャパン2016」のファイナリストが一堂に会し、「まくらぼ」のスタッフより美容に役立つ睡眠の技術や知識を受講します。
当日ご取材いただけるメディア関係者の方は、7月25日(月)夜までにお電話もしくは下記メールアドレスにご一報ください。
本件へのお問い合わせ
株式会社大和屋ふとん 
広報担当:渡邉 
電話:042-732-6667 (代表)  
メールアドレス:kwatanabe@yamatoya-futon.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る