• トップ
  • リリース
  • サービス付高齢者住宅の各部屋に、見守りテレビ電話”パルモ”が設置されました! 人手不足の解消に朗報! お医者様や家族と顔を見ながら話ができるサービスも提供でき 入居率アップにも貢献

プレスリリース

サービス付高齢者住宅の各部屋に、見守りテレビ電話”パルモ”が設置されました! 人手不足の解消に朗報! お医者様や家族と顔を見ながら話ができるサービスも提供でき 入居率アップにも貢献

(DreamNews) 2016年07月15日(金)17時00分配信 DreamNews

千葉県木更津市で介護福祉事業を運営する頭髪と株式会社 iSEED(アイシード)(静岡県沼津市 代表 井澤庄次)は、7月14日 iSEEDの開発、販売している「見守りテレビ電話パルモ」をサービス付高齢者住宅“木更津介護館”で各部屋に設置したと発表した。医者との顔を見ながらの健康相談、高齢者ご家族へのテレビ電話サービスの提供、入居者へのきめの細かい声かけのサ-ビスの提供が開始されました。

千葉県木更津市で介護福祉事業を運営する頭髪と株式会社 iSEED(アイシード)(静岡県沼津市 代表 井澤庄次)は、7月14日 iSEEDが開発、販売している「見守りテレビ電話パルモ」をサービス付高齢者住宅“木更津 介護館”で各部屋に設置したと発表した。 医者との顔を見ながらの健康相談、高齢者ご家族へのテレビ電話サービスの提供、入居者へのきめの細かい声かけのサ-ビスの提供を開始することを発表した。
 高齢化が進む社会で、サービス付高齢者住宅(サ高住)の必要性が増加している。増加する介護費の抑制の必要性から、特養老人ホームではなく、より在宅介護に近い、(サ高住)の拡充がさらに求められている。一方で介護福祉の現場での人手不足は深刻で人材の確保が難しく、施設開設できない事業者も多い。また、通院の問題もあり入居者がより簡便に医者との連絡がとれることが要望されている。このような状況で、木更津 介護館では、高齢者も利用できる“見守りテレビ電話パルモ”を導入し、運営を開始した。
【パルモ導入の4つの大きなメリット】サービス付高齢者住宅でのパルモ導入のメリット
1)声かけ、相談の頻度を増やして、きめ細かなサービスの提供
2)夜間勤務、常駐勤務の人員削減、人手不足解消
3)お医者様との医療相談、通院不要による高齢者の安心
4)ご家族との顔を見ながらのテレビ電話サービスの提供
【パルモの他にない特徴】 双方向テレビ電話+見守りモード+緊急アラーム+徘徊対策録画機能
カメラを遠隔操作できる監視カメラが多数販売されているが、パルモはこれらとは異なり、顔を見ながら通話ができる双方向のテレビ電話。パルモ同士だけでなく、スマホ、タブレットでいつでもどこでも会話できる。さらに、相手が出ないときの見守りモード、緊急時のアラーム通知を組み合わせている。また、徘徊時の早期発見のために録画機能を搭載している。
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社 iSEED (アイシード)代表 井澤 庄次
TEL:055-900-1003
FAX:055-900-1003
E-Mail:info@i-seed.co.jp
詳細はホームページをご覧ください  http://i-seed.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る