• トップ
  • リリース
  • ユニキャスト、リコージャパンと連携し「接客ガイド for Pepper・MFP連携機能(仮)」を開発。リコーグループ最大の展示会において来場者へのご案内をサポート。

プレスリリース

株式会社ユニキャスト

ユニキャスト、リコージャパンと連携し「接客ガイド for Pepper・MFP連携機能(仮)」を開発。リコーグループ最大の展示会において来場者へのご案内をサポート。

(DreamNews) 2016年07月13日(水)13時00分配信 DreamNews

「Pepper」による接客案内ソリューションをはじめとしたロボティクス関連事業を手がける株式会社ユニキャスト(茨城県日立市、代表取締役 三ツ堀裕太)は、リコージャパン株式会社と連携し、同社の複合機との連携ソリューションである「接客ガイド for Pepper・MFP連携機能(仮)」の開発に取り組んでいます。今回、リコーグループ最大の展示会に本機能を搭載したPepperが登場します。

「Pepper」による接客案内ソリューションをはじめとしたロボティクス関連事業を手がける株式会社ユニキャスト(茨城県日立市、代表取締役 三ツ堀裕太)は、リコージャパン株式会社と連携し、同社の複合機と「接客ガイド for Pepper」(以下、「弊社サービス」という。)の連携ソリューションである「接客ガイド for Pepper・MFP連携機能(仮)」(以下、「本機能」という。)の開発に取り組んでいます。今回、7月13日及び14日に東京国際フォーラムにて開催される、リコーグループ最大の展示会「Value Presentation 2016」に本機能を搭載したPepperが登場し、来場者へのご案内をサポートします。

本機能は、リコーが提供する「RICOH SmartSDK」を利用し、対応する複合機と接客案内中のPepperが連携し、多彩なプリンティングを実現します。例えば、ホテルにおける周辺案内マップの出力や展示会におけるパンフレットの出力等、幅広い業界において、接客案内の付加価値づくりに貢献します。今夏より弊社サービスのオプション機能として正式に販売開始予定です。

これからも、弊社は企業理念である“テクノロジを通して「驚き」と「感動」を創造し、人々の「夢」と「笑顔」を支えます。”を基軸として、人とロボットが協創し、よりよい社会づくりへの圧倒的なお役立ちができるよう、ロボティクス関連事業の推進を行ってまいります。

■接客ガイド for Pepperについて
弊社は、「Pepperを最強の接客案内アシスタントに!」をコンセプトとして、Pepper上で動作するアプリケーションサービスを提供しています。Pepperによる住宅業界初の接客アプリである「住宅接客 for Pepper」をはじめとして、インバウンド接客案内を行う「観光案内 for Pepper」等、多彩なソリューションを提供しています。導入事例として、住宅展示場での接客アシスタント、茨城空港でのインバウンド対応接客、伊勢志摩エリアのホテルでのサミット関係者へのレセプション等があり、幅広い業界・シーンに活用されています。
URLはこちら:https://sekkyaku-guide.com/

■Value Presentation 2016について
リコーグループが提供するさまざまなソリューションや最新技術を展示やセミナーを通じて紹介するイベントです。今年は「Link and Start 新たな価値をお客様と共に。」のテーマで開催されます。
開催期間:2016年7月13日(水)〜2016年7月14日(木)いずれも9:30〜18:00(17:30受付終了)
開催場所:東京国際フォーラム
URLはこちら:https://www.ricoh.co.jp/vpre/tokyo/

<本件に関するお問合せ先>
株式会社ユニキャスト(Unicast Inc.) 担当:箕輪
茨城県日立市大みか町3丁目1-12
TEL:0294-87-6491(受付時間:平日10:00-19:00)
FAX:0294-87-6492
Email:info@unicast.ne.jp
URL:http://www.unicast.ne.jp/
※株式会社ユニキャストは、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepper パートナープログラム」により、一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボアプリパートナー(Basic)として認定されています。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る