• トップ
  • リリース
  • ロバート・ウォルターズ、フィリピンに新オフィス開設 ― タイ、ベトナム、マレーシアに続く東南アジア地域の人材紹介サービス強化

プレスリリース

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

ロバート・ウォルターズ、フィリピンに新オフィス開設 ― タイ、ベトナム、マレーシアに続く東南アジア地域の人材紹介サービス強化

(DreamNews) 2016年07月11日(月)15時30分配信 DreamNews

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は7月11日、英国本社ロバート・ウォルターズが、グループの新拠点をフィリピンの首都マニラに開設したことをお知らせします。フィリピンでは当面、会計・金融部門と人事部門、IT部門を中心に中堅からシニアレベルの経験者を対象とした正社員採用を中心に行いますが、今後、順次サービス対象職種を拡大していく予定です。

<ロバート・ウォルターズ・フィリピン(Robert Walters Philippines)の概要>

所在地: 37F Philam Life Tower, 8767 Paseo de Roxas, Makati City 1226
電話: +63 2 816 4972
開設日: 2016年7月11日
カントリー・マネージャー(支社長): エリック・メアリー(Eric Mary)


英ロンドンを拠点とする人材紹介会社ロバート・ウォルターズは、経済発展を続けるアジア地域における企業の求人活動をサポートするため、これまでにも日本をはじめ中国、韓国、香港、台湾、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムでビジネスを展開してまいりました。今回のフィリピンオフィスの開設により、グローバル展開する企業の人事戦略サポートを一段と強化して参ります。


ロバート・ウォルターズ副最高経営責任者 (Deputy CEO)、ジャイルズ・ドーベニーのコメント:
「フィリピンは、人口1億人以上を抱え、ミドルクラスの労働人口も増えている急成長市場であり、新オフィスはその首都マニラに位置しています。ロバート・ウォルターズ・グループは、成長著しい東南アジアの雇用マーケットに早期参入し、多大な成功を収めてきました。フィリピン市場でも、タイやベトナム、マレーシアやインドネシアと同様の成功を収められると確信しています。」


ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社について (https://www.robertwalters.co.jp/
ロバート・ウォルターズは1985年に英国・ロンドンで設立され、世界25カ国の主要都市に拠点を持つ、スペシャリストのための人材紹介会社です。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンはその日本オフィスであり、バイリンガル人材に特化しております。2000年に東京オフィスを、2007年には大阪オフィスを開設し、正社員または派遣・契約社員の紹介をおこなっております。日本では世界有数のグローバル企業から新規参入企業や中小企業に至るまで、幅広いクライアント企業に人材を紹介しており、エネルギー、銀行・証券、ヘルスケア、製造業、IT、オンライン、不動産、小売、サプライチェーンなど紹介業種・職種は多岐に渡ります。


本件に関するお問い合わせ先
ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 広報 岩田貴子
TEL:03-4570-1632 e-mail:takako.iwata@robertwalters.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る