• トップ
  • リリース
  • 歩行者自律航法(PDR)技術の実用化・事業化へむけ、 出身母体の産総研と人工知能(AI)に関する共同研究始動。 PDRモジュールに学習機能を組込み、使い勝手・計測精度向上へ。

プレスリリース

サイトセンシング株式会社

歩行者自律航法(PDR)技術の実用化・事業化へむけ、 出身母体の産総研と人工知能(AI)に関する共同研究始動。 PDRモジュールに学習機能を組込み、使い勝手・計測精度向上へ。

(DreamNews) 2016年07月15日(金)12時00分配信 DreamNews

サイトセンシング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:平林隆)は、出身母体である産総研とAIに関する共同研究を2016年7月1日より開始しました。研究成功の暁は、PDR(歩行者自律航法)モジュールを装着し例えば20m程度歩いて貰うだけで、歩行動作特徴をモジュールが自動的に学習、即計測に反映します。当社ではこの学習機能を組み込んだ屋内外測位システムを、2017年4月より実用化する予定です。

計測関連事業を手掛けるサイトセンシング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林隆)は、歩行者自律航法(PDR)の技術開発を飛躍的に進め、装着機器の小型化と共に、IoT化を押し進めて来ました。現在ではPDR・GPSの融合により、屋内外シームレスのリアルタイム測位も可能となりました。
こうした進化を続けながらも、PDRはその技術的宿命として、計測対象者(PDRモジュール装着者)の歩行動作の特徴・癖の影響を強く受け、計測開始前のパラメータ調整に手間取ることもありました。当社ではこの課題の解決策として、PDRモジュールに学習機能を持ち込むべく、出身母体である国立研究開発法人産業技術総合研究所と人工知能(AI)に関する共同研究を2016年7月1日より開始しました。老若男女で幅広く被験者を集め、歩行動作の特徴を現在話題の深層学習技術等を駆使し、その特徴量の解析・把握を目的とします。この共同研究成功の暁は、PDRモジュールを装着し例えば20m程度歩いて貰うだけで、その個人の歩行動作の特徴をPDRモジュールが自動的に学習、事前の煩雑なパラメータ調整なしで即計測開始可能となります。当社ではこのAI機能を組み込んだPDRをベースとした人物の屋内外測位システムを、2017年4月より実用化する予定です。
【会社概要】
会社名:サイトセンシング株式会社
代表者:代表取締役 平林 隆
所在地:東京都千代田区内神田1-15-6 和光ビル3A
TEL:03-5577-3375
URL:http://site-sensing.com
E-Mail:info@site-sensing.com
事業内容:ソフトウエア開発
【本件に関するお問い合わせ】
会社名:サイトセンシング株式会社
営業担当:平林 隆
E-Mail:t.hirabayashi@site-sensing.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る