• トップ
  • リリース
  • 技術革新とグローバル配置に基づき  世界一の太陽光発電メーカーへ

プレスリリース

Jinko Solar株式会社

技術革新とグローバル配置に基づき  世界一の太陽光発電メーカーへ

(DreamNews) 2016年06月24日(金)18時00分配信 DreamNews

2016年6月29日、日本太陽光発電協会(JPEA) が主催する「PVJapan」が横浜で開催される。6月23日世界大手太陽光発電企業であるジンコソーラーは、Eagleシリーズ高効率モジュールを展示すると発表した。前日発表した2016年第1四半期(1−3月期)財務情報が注目されている。

2016年6月29日、日本太陽光発電協会(JPEA) が主催する「PVJapan」が横浜で開催される。6月23日世界大手太陽光発電企業であるジンコソーラーは、Eagleシリーズ高効率モジュールを展示すると発表した。前日発表した2016年第1四半期(1−3月期)財務情報が注目されている。

              第1四半期のモジュール出荷量が1.6GWに達し

太陽光パネルの出荷量は1.6GWで、そのうち166MWは同社自身による下流の発電所プロジェクトで使用するとした。2015年第4四半期の1.71GWからは6.4%の減少となったが、2015年第1四半期の789MWからは102.7%増とほぼ倍増した。

--太陽光パネルの出荷量の中で166MWがジンコソーラー下流の発電所プロジェクトで使用する。

--売上高は、54.7億元(8億4780万ドル)と2015年第4四半期からは10.0%の減少となったが、2015年第1四半期からは98.8%増と太陽光パネルの出荷量に比例してほぼ倍増した。

--下流の太陽光発電プロジェクト事業では、210GWhを発電し、2015年第4四半期からは36.4%、2015年第1四半期からは81.7%の増加となった。その太陽光発電所プロジェクトの売電収益は約1億8550万元(2880万ドル)と2015年第4四半期からは36.1%、2015年第1四半期の81.7%を上回った。

--2016年3月31日まで、合計1007MWの太陽光発電所プロジェクトが系統連系を完了し、発電している。

--粗利益は21.3%で、2015年第4四半期の19.5%、2015年第1四半期の20.3%を上回った。

--営業利益5億737万元(8900万ドル)で、2015年第4四半期の4億827万元(7450万ドル)と2015年第1四半期の2.3億元(3710万ドル)だった。

--純利益は3億133万元(4860万ドル)で、2015年第4四半期の3億494万元(5390万ドル)と2015年第1四半期の5100万元(820万ドル)だった。

            技術革新とグローバル配置で世界をリーダーしている

技術で身を立て
技術の面につきまして、ジンコソーラーの60セル試作多結晶モジュールの最高出力が334.5Wに達し、業界の記録をを更新した。そして、未来の3〜5年の間で、規模的な量産を実現することを予想されている。60セル多結晶電池量産の平均効率が20.13%で、今まで、量産効率が一番高い多結晶電池生産ラインで、もう一度業界の記録をを更新した。現在、年内に量産効率が20.5%以上を実現できることを見込まれている。量産技術と製造過程において業界をリードしている。

優秀品質
品質の面につきまして、ジンコソーラーは技術革新に取り込む同時に、品質を重視している。2016年上海のSNEC EXPOの間で、ジンコソーラーはドイツテュフラインランドの Qualification Plus(以下“Q+”)証明書を獲得したと発表した。これは中国で初めてのQ+モジュールテストを通過した企業となった。目前業界通行のモジュール認証スタンドIEC61215と比べると、Q+テスト条件とテストシーケンスがもっと厳しく、モジュールが極端な気候条件での運行の信頼性をよく反映できる。 

幅広い配置
マーケティング面で、ジンコソーラー製のモジュールの需要が堅調だった。アメリカ、中国、イギリス、トルコ、オーストラリアなど主要市場での市場占有率は10%を超え、ブラジル、チリ、メキシコ、モロッコ、南アフリカなどの新興市場の市場占有率が30%以上を占め、地位をしっかりと確立している 。ブランドの方につきまして、ジンコソーラーの知名度が着実に向上し、ブランドの認知度の増加幅が業界をリードしている。

         未来への展望:2016年の出荷量が6.5GWを突破すると期待される

最高経営責任者(CEO)陳康平は、「第1四半期で世界最大の太陽光パネル製造事業者となっております。弊社は無名な会社から、絶えず努力して、10年経った今では、 既に世界的なブランドとして、世界70以上の国・地域で1700以上のお取引先様を持っています。十年間の総出荷量が13GWに達しました。弊社は穏健な経営を引き続き保持し、投資家に長期のリターンをもたらしたいと思います。

現在、太陽光発電所の発電量が210GWhで、前四半期比36.4%を向上し、発電収益は1.85億元。増える原因は四半期のプロジェクトが系統連系を完了し、同時に中国西部で持続電力供給制限の影響を受けられました。電力供給制限の改善と弊社のもっと多くのプロジェクトが稼働状態になることにより、第2四半期の発電量が大幅に向上できると思います」と述べている。

2016年第2四半期、ジンコソーラーは太陽光発電パネルの出荷量は1.6〜1.7GWで、その中で、1.45-1.6GWが同社自身による下流の発電所プロジェクトではない。米国会計基準(アメリカ合衆国の財務会計に使用される 規則集である)によると、同社自身による下流の発電所プロジェクトで使用するモジュールの収入が売上高に計上されない。

ジンコソーラー2016年で太陽光発電パネルの年出荷量は6GW〜6.5GWで、5.4GW〜5.7 GWのは第三方の範囲を含められている。通年の新増太陽光発電所の開発には600MW〜800MWと見込まれている。


 ▽ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業の世界大手である。ジンコソーラーは自社ソーラー製品を流通させて、中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国・地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に同社ソリューションとサービスを販売している。ジンコソーラーは2015年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコン・インゴットとウエハーで3GW、ソーラーセルで2.5GW、ソーラーモジュールで4GWの年間総発電容量がある。ジンコソーラーはまた中国国内で電気を販売しており、2015年6 月30日時点で、約725MWの太陽光発電プロジェクトをグリッドに接続している。

ジンコソーラーは中国・江西省と浙江省、ポルトガル、南アフリカ、マレーシアに5つの生産施設、中国、スペイン、英国、UAE、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、ガーナ、ブラジル、コスタリカ、メキシコに12の世界販売オフィス、ドイツ、イタリア、スイス、米国、カナダ、オーストラリア、シンガポール、日本、インド、南アフリカ、チリに11の海外子会社に1万5000人余りを雇用している。

さらに詳しい情報はwww.jinkosolar.com を参照。


住所:103-0026東京都 中央区日本橋兜町13番2号 兜町偕成ビル本館9階
代表電話:03-6661-0899
FAX番号:03-6661-0129
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る