• トップ
  • リリース
  • パイプドビッツ、「インバウンド(訪日外国人旅行)マーケットセミナー」を共催 〜SNSデータ解析による訪日外国人の最新動向や調査事例を解説〜

プレスリリース

株式会社パイプドビッツ

パイプドビッツ、「インバウンド(訪日外国人旅行)マーケットセミナー」を共催 〜SNSデータ解析による訪日外国人の最新動向や調査事例を解説〜

(DreamNews) 2016年06月17日(金)11時30分配信 DreamNews

【概要】株式会社パイプドビッツは、株式会社ナイトレイと共催し、インバウンドセミナーを2016年6月24日(金)に開催します。


 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919>、以下「パイプドビッツ」)は、株式会社ナイトレイ(東京都渋谷区、代表取締役 石川豊、以下「ナイトレイ」)と共催し、インバウンドセミナーを2016年6月24日(金)に開催しますので、お知らせいたします。

http://www.pi-pe.co.jp/seminar-event/2016/tourism/


■ 開催概要

 本セミナーは、「インバウンドマーケットに特化した最新情報セミナー 〜SNSデータ解析による訪日外国人の最新動向や調査事例のご紹介〜」と題して、注目を集める「インバウンド(訪日外国人)」向けの市場で成功するために、変化し続けているマーケットの最新情報を解説します。

 訪日外国人の位置・移動・統計データに特化したSNS解析サービス「inbound insight(インバウンド インサイト)」を展開するナイトレイと、幅広い業種で利用できる情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供するパイプドビッツが、観光業界やインバウンド向けのマーケティングご担当者を対象に開催します。インバウンドマーケティングにご興味をお持ちの方におすすめのセミナーですので、ぜひお早めにお申し込みください。

[名称]
業界特化型セミナー:観光
「インバウンドマーケットに特化した最新情報セミナー」
SNSデータ解析による訪日外国人の最新動向や調査事例のご紹介

[日時]
2016年 6月24日(金)14:00〜16:00(受付開始13:30)

[会場]
株式会社パイプドビッツ 2階セミナールーム
東京都港区赤坂 2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル 2階
<アクセス>東京メトロ南北線・銀座線 溜池山王駅 11番出口直結

[プログラム]
【第1部】
「データから読み解くインバウンド最新情報」
 講師:株式会社ナイトレイ 代表取締役 石川豊
 ナイトレイ(inbound insight)で、これまでで解析してきたSNSデータや分析事例や経験を基に、訪日外国人旅行者が集まる場所や興味があるもの、季節性や国籍による行動の違い、PR・プロモーションする上での注意点などをご紹介します。
【第2部】
「成果を出すためのデータ活用とその仕組み」
 講師:株式会社パイプドビッツ 公務・観光ソリューション事業部 野口悠
 リード獲得後の育成・セールス・アフターフォローの各フェーズにおいて、成果を出すためのデータ活用方法と必要となる仕組みについて、事例を交えてご紹介します。
【質疑応答/個別相談など】
※都合により内容に変更がある可能性があります。

[対象]
・観光業界のマーケティングご担当者
・「インバウンド(訪日外国人)」向けマーケティングご担当者
・インバウンドマーケに興味のある方

[参加方法]
セミナーご案内ページの申込みフォームに必要事項をご入力のうえ送信してください。
http://www.pi-pe.co.jp/seminar-event/2016/tourism/

[定員]
30名

[参加費]
無料(事前申込制)

[主催]
株式会社ナイトレイ、株式会社パイプドビッツ



■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ
セミナー事務局
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677


■ 報道関係者様お問合せ先
パイプドHD株式会社 https://www.pipedohd.com/
広報部:久保、立花
TEL:03-6744-8039 FAX:03-3585-0620
E-mail :pr@pipedohd.com
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る